ここから本文です

マンU、アトレティコの“絶対的守護神”に興味か。移籍解除金は250億円に設定

4/30(火) 8:00配信

フットボールチャンネル

 マンチェスター・ユナイテッドは新守護神の獲得を考えているようだ。29日付けの米メディア『ESPN』が報じている。

【写真特集】世界最高の選手は誰だ! プレイヤー能力値ランキング(1位~50位)

 同メディアによると、ユナイテッドはアトレティコ・マドリーに所属するスロベニア代表のGKヤン・オブラクに興味を持っていると伝えている。

 現在ユナイテッドの守護神はスペイン代表のダビド・デ・ヘアが務めているがチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのバルセロナ戦で失点につながるミスをするなど今季は精彩を欠いたプレーが多々見られる。

 一方のオブラクは2014年にベンフィカからアトレティコに加入すると安定したセービングを武器にレギュラーのポジションを確立した。また通算206試合に出場し無失点試合が実に117回を記録し、今季も35試合で23失点とリーグ最少失点に抑えるなど高い安定感を誇っている。

 そんなオブラクは今月17日にアトレティコと2023年までの新しい契約書にサインをしたばかりだ。また契約解除金は1億2000万ユーロ(約150億円)と設定されている事からユナイテッドがこの26歳を新守護神として迎え入れるためには高いハードルを越えなければならないようだ。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:4/30(火) 8:00
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事