ここから本文です

平成の間に「キムタク」が出演したドラマは27本 ファンが選んだベスト5を発表

4/30(火) 5:58配信

デイリー新潮

 テレビドラマの平成史は、すなわち木村拓哉(46)の歴史である――。なぜ、そう言えるのか? それは彼の出演した作品の視聴率が、極めて高いからだ。

【画像】木村拓哉が出演したドラマ「華麗なる一族」制作会見の様子

 ***

 まずは「平成の連続テレビドラマにおける、最高視聴率のベスト15」を表にしてみた。ご覧いただきたい。

 15本の作品中、木村拓哉の主演作は4本も入っている。こんな俳優は誰もいない。

 ちなみに16位は「渡る世間は鬼ばかり」(TBS系列:平成2~23年)の34.2%。こちらは泉ピン子が主演。ベスト“16”をOKとするなら、彼女は「おんなは度胸」と併せて2本の作品で、平成のドラマ史に残る視聴率を叩きだしたことになる。

 だが、そうであったとしても、キムタクは倍の4本だ。比べようがないほどズバ抜けているのは論を俟たない。

 特別ドラマや1話完結型を除くと、木村拓哉は平成の31年間で27本の連続ドラマに出演した。平成4年の「その時、ハートは盗まれた」(フジテレビ系列)が「本格的なドラマデビュー」と位置づけられ、30年の「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系列)が平成最後の作品となった。

 27本の平均視聴率を計算すると12.7%。率のベスト5とワースト3を集計して表にまとめてみた。

ファンが選んだ「傑作ベスト5」

 木村が工藤静香(49)と結婚したのは平成12年。少々意外だが、平均視聴率をベースにすると、所帯を持ってからの方が高い数字を出している。

 そして平成の終盤が迫っていくにつれ、視聴率も下がっていく。ただし、ワースト1位である「その時、ハートは盗まれた」でさえ視聴率は2ケタをキープしている。このあたりも、木村が“平成のドラマ王”と言われる理由かもしれない。

 何よりも、表を眺めるうちに、オンエア当時の思い出が脳裏に蘇った方も、かなりいるはずだ。「あの時は大学生だった」、「新入社員の時に見ていた」、「別れた彼女と一緒にレンタルビデオを借りた」――。やはりキムタクは、ある意味“平成のシンボル”と言えよう。

 最後に、SMAPのデビュー時から常に追いかけ続けてきた、妙齢のファン女性に「キムタクドラマのベスト5」を選んでもらった。まとめた表と、“選評”を5位から順に掲載する。

1/2ページ

最終更新:4/30(火) 5:58
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事