ここから本文です

カープも雄星もリセットが大事!【大島康徳の負くっか魂!!第104回】

5/1(水) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

丸を消せ?

四番として必死にもがいている鈴木誠也。これを糧にさらなる成長を

 今は、4月16日の午前中です。ナオミさん(愛しの妻です)が耳鼻科に行ったので、僕は祭(=12歳トイプードル♂)と留守番をしながら、メジャー・リーグのインディアンス─マリナーズ戦を観戦しています。

 先発のマリナーズ・菊池雄星が初回にやられ、0対2。始まったばかりですが、きょうも勝てそうには見えませんね。なんというのかな……ピッチングがおとなし過ぎます。

 西武時代から、こういうピッチングをしているときは、コースを狙い過ぎ、あげくカウントを悪くして甘い球を狙われることがありました。日本のバッターなら、それが単打で済んでも、メジャーなら一発になる可能性も高くなります。

 インコースを突くのはいいのですが、外に沈むチェンジアップ系の球がないと、メジャーでは厳しいかもしれないですね。ただ、シーズン中に新しい球種を試すのは簡単ではありません。ならば、開き直って、思い切りを大事にしてほしい。もともと四隅をきっちり突く制球力はありません。ある程度、アバウトだけど、強い球を投げるから打者の脅威となった。今は結果を欲しがって、ピッチングが小さくまとまっています。多少、球が暴れてもいいから、思い切って攻めていったほうが、いい結果にもつながると思います。

 今回は、僕の日本ハム監督時代の退場の話を書くつもりでしたが、編集長からの依頼で・・・ 本文:2,683文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:5/1(水) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る