ここから本文です

音無美紀子 夫・村井國夫に送った感涙のラブレター全文

5/1(水) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 妻から夫への一通のラブレター──あまりにも泣けると話題になっているのは、おしどり夫婦で知られる音無美紀子(69才)から村井國夫(74才)へしたためられたものだった。4月22日の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)にお揃いのシックなコーデュロイ地の着物で登場した音無・村井夫妻。黒柳徹子(85才)を前に、70代に差しかかり夫婦の距離が縮まった近況や終活についてのトークを繰り広げた。

 夫妻は1971年、音無の主演デビュードラマでの共演をきっかけに交際。当時の音無は21才で、デビュー前から村井の大ファン。一方、5つ年上の村井には妻がいた。村井の離婚を経て1975年に結婚し、一男一女に恵まれる。しかし1988年、音無は乳がんが発覚し、全摘出手術を受けた。

「その後、音無さんはうつ病に。家に引きこもり、得意の料理もしなくなって子供の弁当も作らなくなり、死を考えることもあったようです。新興宗教にはまっていった時期もありました」(テレビ局関係者)

 芸能界きってのモテ男で知られた村井の女性問題もあった。

「“仮面おしどり夫婦”といわれたこともあるおふたりですが、夫の女性問題が報じられた時も音無さんは淡々と取材を受けていました。あの平然とした姿が、夫をスキャンダルから救ったといえます」(芸能レポーター)

 そんな44年の結婚生活を過ごした夫妻が今回披露したのが、音無が2006年に送ったラブレターだった。

 村井が読み上げると、音無は涙をそっと拭い「覚えていない」と笑いながら抗議したが、黒柳が「でも、これ1つでいろんなことがわかるじゃありませんか」と諭すと、ふたりとも神妙に頷いた。

 波瀾万丈な過去も、長年寄り添った夫婦には、笑い話なのかもしれない。

 * * *
国夫様

いつもあなたと同じ屋根の下にいて、何もわざわざ手紙など書かなくてもいいと思うけれど、恋愛時代せっせとラブレターを書いた頃を思い出してペンを取りました。

1/2ページ

最終更新:5/1(水) 16:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事