ここから本文です

差別撲滅に向けた「最初のひとり」となったユーベの若武者【ワールドサッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

5/1(水) 21:12配信 有料

SOCCER DIGEST Web

モンキーチャント自体よりさらに重大な問題なのは…

ゴール後に両手を広げるパフォーマンスを見せ、人種差別に対抗したケーン。同じ黒人選手のスターリングやバロテッリをはじめ、欧州中から支持の声が。(C)Getty Images

 限界点を突破して久しいイタリアの人種差別問題が、新たな局面を迎えている。ユベントスFWの取った行動に支持が殺到。今後は試合が中断・延期される可能性もある。いま求められるのは勇気ある「最初のひとり」だ。(文:マウリツィオ・クロゼッティ・訳:片野道郎 2019年4月18日発売ワールドサッカーダイジェスト『ザ・ジャーナリスティック イタリア』を転載)

―――◆―――◆―――

 イタリア・サッカー界でまたもや恥ずべき人種差別事件が勃発した。

 4月2日のカリアリ対ユベントス戦(セリエA30節)。サルデーニャ・アレーナに詰め掛けたカリアリのサポーターは、試合中盤あたりからユーベの黒人FWモイゼ・ケーンに差別的な心無い野次を浴びせる。そして85分にゴールを決めたこの19歳が、ホーム側のゴール裏に向かって両手を広げて自分を誇示するようなポーズを取るや、一部からさらに露骨なモンキーチ 本文:4,121文字 写真:2枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:5/1(水) 21:12
SOCCER DIGEST Web

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る