ここから本文です

「史上最高」のザネによぎる不安【ワールドサッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

5/1(水) 21:23配信 有料

SOCCER DIGEST Web

尋常ならざる才能の根源は両親から受け継いだDNA

マンCに加入した当初は懐疑的な声も聞かれたが、根気強く使い続けたグアルディオラ(右)の下で大きく飛躍。いまや不可欠の戦力だ。(C)Getty Images

「世界最高のウインガー」と評したのは所属するマンチェスター・Cのグアルディオラ監督だ。ドイツ代表復権のキーマンとしても期待されるその才能に疑いの余地はない。それでも、ザネに太鼓判が押せない理由とは?(文:ルドガー・シュルツェ・訳:安藤正純 2019年4月18日発売ワールドサッカーダイジェスト『ザ・ジャーナリスティック ドイツ』を転載)

―――◆―――◆―――

 まさに世界を震撼させた国際デビューだった。

 いまから4年前の2015年3月、舞台はチャンピオンズ・リーグ(CL)のラウンド・オブ16。敵地サンティアゴ・ベルナベウでのレアル・マドリー戦に登場したのが、当時シャルケ04に所属していたレロイ・ザネだ。両チームを通じて最年少の19歳だった。

 トップ下のポジションに入ったザネは、イケル・カシージャス、トニ・クロース、カリム・ベンゼマ、クリスチアーノ・ロナウドら錚 本文:4,874文字 写真:2枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

記事購入にも使える108ポイント獲得できるチャンス

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:5/1(水) 21:23
SOCCER DIGEST Web

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る