ここから本文です

フランス代表の「歴代3位」に浮上した意外なストライカー【ワールドサッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

5/1(水) 23:39配信 有料

SOCCER DIGEST Web

いずれW杯で優勝するとは誰も想像できなかったはず

パバールからのクロスを泥臭くねじ込み、歴代得点ランクの単独3位に立ったジルー。あと6ゴールに迫ったプラティニ超えの野心も。(C)Getty Images

 歴代1~2位がアンリとプラティニ、4~5位はトレゼゲとジダン。錚々たるレ・ブルーの通算得点ランキングで、やや意外な名前が単独3位に躍り出た。これらレジェンドの間に、なぜジルーが割って入れたのだろうか。(文:フランソワ・ヴェルドネ・訳:結城麻里 2019年4月18日発売ワールドサッカーダイジェスト『ザ・ジャーナリスティック フランス』を転載)

―――◆―――◆―――

 ゴール前のストライカーは右からのクロスに左足の太ももで合わせる。この試合が89キャップ目となったフランス代表キャリアで、もっとも美しい得点にはならなかった。しかし、オリビエ・ジルーは生涯、このゴールを忘れはしないだろう。

 2019年3月25日のEURO2020予選。相手はアイスランド代表だった。4-0でフランス代表が勝利したこの試合で68分の2点目を決めたジルーは、豪華絢爛たる表彰台の一角を占めるに至る 本文:4,893文字 写真:2枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

記事購入にも使える108ポイント獲得できるチャンス

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:5/2(木) 1:11
SOCCER DIGEST Web

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る