ここから本文です

踏切が苦痛だった平成、令和は踏切を満喫する時代

5/2(木) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 1961年には7万1080か所あったのが、2017年には3万3250か所と50年でほぼ半減している踏切。人が暮らす場所に鉄道が通る限り、避けては通れないはずの「踏切」に魅せられ『踏切天国』という著書もあるライターの小川裕夫氏が、踏切への愛と、全国に残るユニークな踏切を紹介する。

この記事のその他の写真

 * * *
 2010年に『踏切天国』(秀和システム)を上梓してから、まもなく10年になろうとしている。毎年、大量の鉄道本が出版される。そのなかでも踏切というニッチな分野を取り上げているので、それほど売れ行きはよくない。

 ただ、踏切という珍しいジャンルでもあるため、定期的に社会問題として浮上する“開かずの踏切”において、踏切の専門家として頻繁にコメントを求められるようになった。また、“マニアさん大集合!”といった趣旨のテレビ・ラジオ番組に呼ばれることも珍しくない。

 鉄道マニアは数が多く、世間的な認知度も高い。ところが鉄道ファンの間でも、踏切は車両や駅舎といった数ある鉄道施設の中でもとりわけ注目されることがなかった。

 踏切に執着することは、かなり珍しい鉄道マニアとして扱われる。鉄道ファンが踏切に執着しない理由は判然としない。「なぜ、踏切に興味がないのか?」と質問したところで、相手からは奇妙な生物を見るような眼差しで「どうして踏切に興味があるのか?」と逆質問されてしまうのがオチだ。

 踏切に興味を示さないどころか、視野にも入っていない。そのために経験則からの推測という前提になってしまうのだが、鉄道マニアが踏切に興味を示さない理由は、配色が黄・黒で統一されていて形状もほぼ同一だから、ということになるらしい。

 鉄道に興味がない人にとって、山手線で走っている車両がE233系だろうがE235系だろうが気にしないし、何が違っているのかわからない。そもそも、知る気すらおこらない。

 一般人には些細なことに見える違いが、鉄道マニアを熱中させる一因でもある。

1/4ページ

最終更新:5/4(土) 19:35
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事