ここから本文です

『那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円』優勝はアウトサイダー王者の放送作家と元アマチュアボクサー

5/2(木) 0:15配信

ゴング格闘技

 5月1日(火)都内会場にてAbemaTVの番組『那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円』で、那須川に挑戦する相手を決めるトーナメントが行われた。トーナメントは「ボクシング経験者」「異種格闘技」の2部門で行われ、勝ち上がった2名が那須川への挑戦権を得る。3500名の応募者の中から、それぞれのトーナメントに4名ずつが選ばれた。

【写真】アウトサイダーで試合経験のある大井がGACKTの付き人・田中をTKO

 試合はAbemaボクシングルール2分3R、KOで決着がつかない場合は3人のジャッジによる判定で勝敗が決まる。ジャッジは元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者・内山高志、元WBC世界ライトフライ級王者・木村悠、元日本ライト&スーパーライト級1位・諸岡正明。

「ボクシング経験者トーナメント」では、プロ44戦のキャリアを持ち日本タイトルマッチの経験もある村井勇希(40)と、2006・2007年インターハイ出場経験がある藤崎美樹(29)の決勝戦となり、ジャブを突いて相手が出てくるところにカウンターを合わせることに徹した藤崎が優勝。

「異種格闘技トーナメント」は、注目された総合格闘家のONE世界ライト級王者・青木真也が直前で出場を取り消し。青木の指名を受けて代打での出場となった放送作家の大井洋一(41)と、GACKTの付き人をしている田中涼(31)が決勝を争い、THE OUTSIDER(前田日明がプロデュースする不良総合格闘技大会)55-60kg級王者である大井がMMAで培ったフィジカルの強さと試合経験を見せつけ、3RでTKO勝ちして優勝した。

 那須川との対戦権利と1000万円獲得に一歩近づいた2人は、「(那須川は)格闘家としても芸能人としても大ファンで尊敬できる選手なので、そういう選手と拳を交わすことができるのは格闘技をやってきてよかったなと思います」(藤崎)、「1回戦の1Rで肉離れしたのでまずは治します。那須川選手をビックリさせようと思うので、頑張って練習してきます」(大井)と、それぞれコメント。

 トーナメントを解説席から見ていた那須川は「自分も精一杯戦います。「次の試合が決まっているので怪我無く終わらせたいと思います。今日はいろいろな人がいて面白かったですね。次に戦う選手も面白い選手なのでしっかり勝ちたいと思います」と、挑戦者を撃退すると語った。

 なお、那須川とトーナメントで優勝した2人の試合は5月18日(土)に行われる。

最終更新:5/2(木) 0:15
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事