ここから本文です

【卓球】中国ラバーの抑止力になるのか。卓球のブースター検査が強化か?

5/2(木) 12:14配信

卓球王国

ITTFが試験的にラバーをラケットから剥がして検査。 用具ドーピングに歯止めをかけられるか

 卓球の世界選手権(個人戦)ブダペスト大会の大会期間中、今後、一部のワールドツアーなどの大会で、新しいラケット・ラバーの検査方法をテストしていくことが決定した。ITTF(国際卓球連盟)の関係者への取材でわかった。
 これまでもラバーの厚さについては事前検査などでチェックしていたが、今回の新しい検査方法では、試合で敗れた選手に対してラケットからラバーをはがし、ラバーの厚さが規定の4mm以内に収まっているか、『ブースター』(補助剤)が使われていないかというチェックが行われる。

 『ブースター』とはラバーに塗り込むオイル系の液体で、『ブースター』を塗ることでラバー全体がほどよく軟らかくなり、弾性が増す。特に中国性の粘着力の強いラバーのように、硬くて強い回転のかかるラバーに塗り、ラバーを思い切り伸ばしながらラケットに貼ると効果は大きい。このブースターは一定時間、効果を発揮する。
 一方、日本製の『テナジー』(バタフライ)のようなテンションの強いラバーに対してはブースターは効果は薄いと言われているが、それでもテンションラバーにブースターを使う選手も後を絶たない。

 もともと卓球では1970年代から『スピードグルー』(スピード増強接着剤)が使用され、ラバーを膨らませ、ラバー全体にテンションをかけて弾性を高めることが日常的に行われていた。この『スピードグルー』には人体に有害な揮発性有機溶剤が含まれていたが、2008年にITTFが使用を禁止。その後に、揮発性有機溶剤を含まず、接着力のないブースター(オイル系)が出てきたのだが、「ラバーの後加工(あとかこう)禁止」(ラバーは出荷状態と同質のものでなければいけない)」というルールができて、水溶性接着剤のみが許可されている。
 ブースターの使用は、出荷されたラバーに後加工するために、卓球における「用具ドーピング」とも言われている。

 スピードグルーの禁止当初から、硬い中国製ラバーを使用する選手は、隠れてラバーにブースターを塗っていた。2012年のロンドン五輪後に日本の水谷隼が「ブースター問題を解決してほしい。アンフェアだ」と抗議し、国際大会をボイコットしたこともある。

 しかし、その後も中国ラバー以外のラバーにもブースターを塗る行為が横行し、ボールに威力を出そうとする選手の動きは止まらなかった。検査する際にラバーを剥がすわけではないので、ラケット中心部を薄く削り、ラバーの打球部分のみ規定の4mmよりも厚くして、ボールの威力を出そうとする選手もいると言われてきた。今回の新しい検査方法でラバーを剥がすことになれば、もしラケットに何らかの細工をしていればすぐに発見されるだろう。

1/2ページ

最終更新:5/2(木) 12:14
卓球王国

記事提供社からのご案内(外部サイト)

卓球王国

株式会社卓球王国

2019年9月号
7月20日発売

定価785円(税込)

最新情報満載! こだわりの卓球情報誌
報道、技術、グッズ、インタビューなど
多彩な記事を満載!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ