ここから本文です

ラミ・マレック、「007」シリーズ最新作で悪役に。

5/2(木) 13:10配信

VOGUE JAPAN

ラミ・マレックが「007」シリーズ最新作で悪役を演じることが正式に発表された。

ラミ・マレックが「007」シリーズ最新作で悪役を演じることが正式に発表された。以前から出演の噂が囁かれていたラミは、「夢」だと語っていた悪役に決定したことを改めて報告した。今のところ、悪役ということ以外にその役柄については不明だが、5度目のジェームズ・ボンド役となるダニエル・クレイグと対決することになる。

ラミ・マレックの写真をもっと見る。

25日(現地時間)にソーシャルメディアで中継された「ボンド25・ライブ・リヴィール」でのビデオメッセージの中で、イベントの開催地であるカリブ海にいるキャスト陣や製作陣に向け、「やあ皆、ラミ・マレックだよ。(原作者の)イアン・フレミングのカリブ海を望むジャマイカにある別荘ゴールデンアイにいる皆に僕は嫉妬したりなんかしてないよ。全くね。今はニューヨークで撮影中なんだけど、もう間もなくキャスト陣に加われることをとても楽しみにしているんだ。ボンド氏がこの25作目でラクできないように努めると約束するよ。もうすぐ皆に会えるのが待ち遠しいよ」とラミは話している。

また今回の中継で、『ブレードランナー 2049』(17)のアナ・デ・アルマスがボンドガールを演じるほか、ラッシャーナ・リンチやデヴィッド・デンシック、ダリ・ベンサーラらが出演することが明らかになった。

マドレーヌ・スワン役のレア・セドゥやマネーペニー役のナオミ・ハリス、Q役のベン・ウィショー、M役のレイフ・ファインズ、タナー役のロリー・キニア、フェリックス・ライター役のジェフリー・ライトなどが再出演する第25作『シャッターハンド』は、来年4月公開予定だ。

最終更新:5/2(木) 13:10
VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2019年8月号
2019年6月28日発売

800円(税込み)

インフルエンサーが生む「新しいリアル」を徹底特集。キム・カーダシアンが『VOGUE JAPAN』表紙に初登場!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ