ここから本文です

トイレ監禁に袋叩き、外国人女児の壮絶いじめに教頭・校長が言い放った言葉

5/2(木) 17:00配信

週刊女性PRIME

「子どもの人生を奪わないで」

 今春、中学生になったばかりのクルド人の少女・シェリルさん(仮名・12歳)は、小学校でひどいいじめにあっていた。卒業したいま、小学校に伝えたいことは? の質問に深く考えながら冒頭のようにつぶやいた。“学校に変わってほしい”そう願うシェリルさんは、母親のファルマさん(仮名・34歳)に見守られながら、いやな記憶を思い出し一生懸命、取材に答えてくれた。

【写真】嫌な記憶を思い出し、一生懸命話してくれたシェリルさん

  ◆   ◆   ◆  

トイレに2時間も閉じ込められた

 日本国内に住んでいるクルド人は約2000人といわれ、うち1200人ほどが埼玉県川口市に住んでいる。国を持たない最大の民族といわれるクルド人はトルコから逃れても日本の難民審査になかなか通らず、多くは難民認定申請中あるいは仮放免という不安定な状況の人がほとんど。シェリルさんの父親のアシさん(仮名・39歳)も難民申請中で入国管理局の厳しい監督下に置かれている。

「(自分がいじめられているとき)お母さん、すごく泣いていてつらかった」

 シェリルさんは自分がいじめにあっているつらい中でも、家族のことを心配する。

 アシさん一家が来日したのは2009年。シェリルさんが2歳のときだ。外で働く父親や日本で育つシェリルさんは日本語をどんどん覚えて話せるようになったが、母のファルマさんは今でも母国語が中心だ。

 全校児童442人のうち48人が外国人(うちクルド人は35人)という埼玉県川口市の市立芝中央小学校に入学した。シェリルさんのいじめが始まったのは小学校1年生のとき。

「クラスの半数以上から変なあだ名で呼ばれていました。クルド人の名前をからかうようなあだ名です。すごく嫌だったけど、校長先生が励ましてくれて元気づけてくれたから頑張ろうと思えた」

 前校長はいじめ問題に熱心に取り組んでくれたという。それでもシェリルさんへのいじめは続いた。校長の励ましもあって学校を休むことはなかったが、事態が悪化したのは昨年の4月。現在の校長が赴任してきてからだという。

「5月にクラスの女の子たちにトイレに2時間も閉じ込められました。担任に助けは求めてない。だって何もしてくれないってわかってるから」

 原因はアイドルグループをめぐる口論だったという。それだけで2時間も少女をトイレに閉じ込め、さらにそれを知った教師がなにも対応しないという異常。

1/3ページ

最終更新:5/2(木) 17:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」7/2号

特別定価420円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事