ここから本文です

石原良純、つかこうへいの指導を受けて「揺れなくなった」

5/3(金) 20:01配信

SmartFLASH

 石原良純が4月30日放送の『川柳居酒屋なつみ』(テレビ朝日系)で、俳優時代を振り返った。

 石原プロモーションの俳優時代、「俳優は3つ聞かれたら1つ答えるぐらいでいい」と教わったという。だが、宇賀なつみから「いまは1つ聞かれて3つ答えている」とツッコまれていた。

 石原プロを退社後、1997年に「北区つかこうへい劇団」に入団した良純。突然怒られたりするような、何でもありのつかこうへい氏の指導を受けた。

 つか氏のエネルギッシュな指導は「戦いみたいだった」と回顧。そこで「バラエティもコメンテーターでも揺れなくなった」と、動揺せず強い気持ちになれたことを振り返っていた。

 良純は2016年10月27日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で、人生の転機として、ダウンタウンとの共演をあげた。

『夢で逢えたら』(フジテレビ系)にゲスト出演した際、良純は台本読みから立ち稽古、セットに入ってのリハーサルまできっちりこなした。だが、いざ本番になると共演者たちはそれまでとまったく違うことを始めたという。
 
 ダウンタウンの松本人志はこれを認め、「そうですね。やりたいことは本番まで、みんな隠してるっていうか」と、当時のコント現場の裏側を語った。

 すると石原は「『こいつら何なんだろう』と思ったの。だけど、それから何となく……こっち(バラエティ方面)にガガガっと」とバラエティにも活躍の場を広げるきっかけになったと明かしていた。

『ザワつく金曜日!一茂良純時々ちさ子の会』(テレビ朝日系)がゴールデンタイムに進出しただけでなく、5月8日から『一茂&良純の自由すぎるTV』(テレビ東京系)がスタートする。各所でもまれて経験を積み、花開いているようだ。

最終更新:5/3(金) 20:01
SmartFLASH

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事