ここから本文です

可愛すぎる女子プロ、森美穂の今。 「ツアー優勝は絶対に諦めない」

5/3(金) 8:17配信

webスポルティーバ

このオフには、昨季初のツアー優勝を遂げた同学年の香妻とラウンドする機会があったという。

「こっちゃん(香妻)の優勝は、よかったですね。ずっと期待されながら、なかなか勝てなかったですし。優勝したら、周囲のみんながとても喜んでいた姿を見ながら、私も『本当によかったな』と思いました。私も同じ光景が見せられるようにがんばりたいです」

 苦労をともにしてきたからこそ、香妻の気持ちが痛いほどわかる。そして、"次は自分の番"――森は、自らにそう言い聞かせているようだった。

 彼女はまた、今年は「健康第一でシーズンを過ごしたい」と言って笑った。

「今は本当に元気なんですよ。なんなら、『今が一番元気!』っていうくらい(笑)。昨年は首が痛くなったりして、1カ月半くらいゴルフができなかった時期もあったので、それからすると、今は心身ともにすこぶる健康です(笑)。そうした状態を維持して、今年は"健康第一"でいこうと思っています。体の調子が悪くなると、気持ちも下がってしまうので」

 コンディションは万全だ。その状態を生かして、出られる試合に出場し、来季の出場権を勝ち取るための準備を進めていく森。最後にこんなことも言っていた。

「(私は)周囲に期待してもらって、自分にプレッシャーを感じたほうがうまくいくタイプかもしれません。だから、自分にどんどんプレッシャーをかけていきたいし、あらためて多くの人に注目されてプレッシャーをかけてもらえるようになれたらいいな、と思っています」

 現状を踏まえれば、目標のQTを突破して来季の出場権を獲得することは、決して簡単な道のりではない。それでも、今の彼女からは、それを実現しそうな活気が感じられる。

 無論、彼女の戦いはそこで終わりではない。再びレギュラーツアーの舞台に戻ってきたとき、森美穂の本当の勝負が始まる。

金明昱●取材・文 text by Kim Myung-Wook

3/3ページ

最終更新:5/3(金) 8:17
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事