ここから本文です

強い巨人は令和も続くか?【川口和久のスクリューボール】

5/4(土) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

調子の波は必ずある

笑う、原監督。他球団にしたら不気味だろうな/写真=小山真司

 先日、野球教室に行ったら報知新聞の記者が取材に来ていて、「最近、新聞が、よく売れてます!」とうれしそうに言っていた。理由は巨人の好調さだね。4年間のV逸は長い球団の歴史を振り返っても1度だけ。広島や阪神ファンに比べればおとなしい巨人ファンも、少しずつ盛り上がってきたみたいだ。

 平成最後の1カ月……とちょっと。巨人が頭一つ抜け始めているとはいえ、セは、いい感じに混戦になっている。DeNAが連敗で一気に急降下したけど、逆に広島が連勝で一気に上がってきた。ただ、少し前に時計を戻せば、広島は最下位、DeNAは投打がかみ合って首位をうかがう勢い。当たり前だが、チームの調子には波がある。広島は最初のつまずきから「こんなはずはない」とメンタル的に自分たちを追い込んでドツボにはまっていたが、うまく19日からDeNA3連戦をステップにした。逆にDeNAは筒香嘉智の死球離脱でチームバランスが崩れ、対広島3連敗から負のスパイラルに入った。好投の投手を見殺しにしたり、打線のリードをリリーフが逆転されたりと、嫌な負け方が目立つ。

 ただ、これから長い連戦になるし、どこも開幕からトップギアで来た分、疲れがたまっている。プラスかマイナスか分からないが、あらたなるスパイラルが、どこかのチームで始まる可能性はある。まだまだ、このまま行くとは思えない。

 ただ、巨人の・・・ 本文:1,746文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:5/4(土) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る