ここから本文です

天皇陛下の「おことば」が変わった瞬間 14万人超の“熱気”に満ちた一般参賀〈AERA〉

5/4(土) 20:11配信

AERA dot.

 新天皇の即位を祝う一般参賀が、4日、皇居で行われた。新天皇が公式行事で国民の前に姿を見せるのは初めて。朝から長蛇の列ができ、宮内庁は開門時間を予定より20分早めた。

【写真】暑さで体調不良者続出

 午前10時から始まった最初のお出ましでは、天皇、皇后両陛下、秋篠宮ご夫妻をはじめ皇族がたが宮殿「長和殿」のベランダに立ち、陛下が「おことば」を述べた。少し緊張した面持ちながら、参賀者の声援に応えるように、何度もうなずきながら手を振った。

 陛下の「おことば」が変わったのは5回目のお出ましから。途中、「このように暑い中、来ていただいたことを深く感謝いたします」と参賀者を気遣う言葉が加わっていた。

■皇室ファンが見る皇后さまの“勝負カラー”

 1993年の婚約会見では、レモンイエローのワンピースに、飾りのついた同じ色のピルボックス帽を着用していた皇后さま。皇后となって初の公式行事である今回の一般参賀でも、鮮やかな黄色のドレスを着ていた。

 皇后雅子さまを応援してきたという女性は、洋服の色を見て、興奮してこう語る。

「ご婚約会見のときのお召し物に少し似ていると感じました。雅子さまにとっての、勝負カラーなのかな」

 朝4時から並んだというブラジル・サンパウロ出身の鈴木エルメスさん(44)も、最前列で両陛下のお出ましを待ち構えた一人だ。皇室ファンで、陛下が2008年にブラジル日本移民百周年記念式祭典で同国を訪れた際にも駆けつけた。18年12月に来日し、上皇さまの誕生日と19年1月に行われた一般参賀にも参加したという。

「祖父母が日本人で、陛下が皇太子としてブラジルに来られたときにもお目にかかりました。いまは環境教育を学んでいて、ブラジルの水不足を何とかしたい。水問題を研究されてきた陛下に共感しています。昭和に生まれて、平成で初めて日本に来て、令和を迎えられた。20年まで日本にいるので、今後の行事も参加します。ドキドキです」(鈴木さん)

 この日は晴天に恵まれ、東京の最高気温は24.8度という夏日に近い気温。体調を崩す人が続出した。救護テントに入りきらず、地面に敷かれたシートの上で横になる人もいた。

1/2ページ

最終更新:5/5(日) 1:48
AERA dot.

記事提供社からのご案内(外部サイト)

AERA dot.

朝日新聞出版

「AERA」毎週月曜発売
「週刊朝日」毎週火曜発売

「AERA dot.」ではAERA、週刊朝日、
医療チーム、アサヒカメラ、大学ランキング
などの独自記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事