ここから本文です

本好きの間で話題! 「ポップごと買える書店」を知ってますか?

5/4(土) 7:02配信

FRIDAY

青森「本のまち八戸」で見つけたユニークな本屋

減少の一途をたどる全国のリアル書店。アマゾンや電子書籍の普及に押され、2017年には書店のない自治体が2割を超えた。だが、ここ八戸は、長居したくなるユニークな書店がある本好きには幸せな町だ。

昨年夏頃から日本中の本好きの間で話題になっている書店がある。八戸中心街から車で10分ほど。八戸信用金庫や東北銀行の湊支店の並びにある「木村書店」がそれだ。

商店街の中に佇むその店の外観は、昭和の本屋さんそのままジャングルジムみたいな黄色い鉄製の絵本タワーがあり、店構えはちょっと広めで、いろんな本の宣伝ポスターがペタペタと貼ってある。ちょっと重そうなガラス扉がお客さんの足を一瞬、怯ませるところも昭和っぽい。

入ってみると、右半分は学校用の文具が陳列されていて、奥にはけっこうなスペースの学習参考書コーナー…….。このお店の経営が、まず学校の生徒たちで成り立ってきたんだろうということがわかる。

「はい! 私も小さい頃から、ここに参考書を買いに来ていました」

快活な声で話すのは、及川晴香さん(31)。創業90年目にして、同書店を突如、全国区に押し上げたスーパー書店員さんだ。

この書店が一躍、知られるようになったのは「ポップごと買える本屋」。これである。

販売促進として、いまやどの書店にも一つや二つ、いや10や20はあるポップ。書店員さんがこの本はこんなところが面白いんですよ、と紹介したり、最近では出版社のほうからオススメの新刊につけてほしいポップを書店に送ったりもする。が、それらはいずれも原則として“平積み”の本の上に乗せるためのものだ。

書店に行ったときのことを思い出してもらうとわかるのだが、5冊、10冊と大量に入荷するベストセラーや新刊などは棚の台に積んで置かれている。これが“平積み”。それに対してせいぜい1~2冊程しか搬入しない本は、お客さんに背表紙だけを見せる格好で棚にさしてあり、これを“棚差し”と呼んでいる。スマホほどの大きさがあるポップが、1冊しか置いてない棚差しの本のために作られることはほとんどない。

だが、及川さんの描くポップは、「一冊につき1ポップ」で、本が売れたらそのポップもお持ち帰り、となる。まるでおもちゃ箱をひっくりかえしたような楽しさは、書店とは言い難い異空間ぶりだ。及川さんいわく、この方式に行き着いたのはお客さんとの会話からだったのだという。

「ある日、お客さまが『どうしてもポップごと欲しいんです』っておっしゃられて、その瞬間は、ちょっと困ったんです。持っていかれてしまうと、また書かないと……と思って。でも熱意に負けてお譲りした後、しばらくしてその方がまた来店されて、この前と同じ本を3冊ください、と。

驚いて『同じ本ですが、よろしいんですか?』と聞きました。その方が言うには、本を買った後も家の本棚にポップごと飾っていたんだそうです。そうしたら本棚を見た人たちが『これと同じ本が欲しい』と言い出したので、また買いに来たんですよ、って」

ポップごと持っていってもらったことで、書店で本を選ぶ時のワクワク感まで別の人に伝わったのだ。

ポップごと買える本屋さんになったのは、2017年の夏前ごろ。今では常時70~100枚近いポップが置いてある。じつは及川さん、元々漫画家志望でもなければデザイン事務所などに勤務した経験もないという。

「ここに勤めるようになって、自分でも好きな本を伝えたいなぁと思い立ってから2年間、家に帰ってから落書き帳に絵の練習をしていました(笑)。これなら店頭に出してもいいんじゃないかなって、自分が納得がいくまで。人間を描くのがちょっと苦手なので動物をキャラクターとして描いて、店長さんに出してもいいですか? と許可をいただきました。だから完全な独学です」

ポップの可愛らしさに目がいくが、よく見てみると、ポップのついている書目はかならずしも女性向けの本でもない。自然科学本や『幻獣最強王図鑑』、『ZOMBI』、『嫌われる勇気』なども並んでいる。

以前、お孫さんに本をあげたいというお客さんから「ベストセラーじゃなくて、あなたが面白いと思った本を教えていただきたいんだけれど」と言われたことがポップを書く動機になったというだけに、『フランケンシュタイン』のような往年の名作もチョイスされている。

「あるお客さまから『この本にポップを書いてくれないかしら』と言われて書いたことがあったんですが、それはやめました。ポップを書くためには、その本を読まなければならないし、自発的に手に取った本ではないとやっぱりうまくいかないんです」

地元で徐々に話題になり、その後数ヵ月して「八戸市 木村書店@ポップごと売ってる本屋さん」というツイッターも始め、ポップ担当日記を日々更新することで、全国的に注目されるようになった。いまでは日本中から“ポップごと買いに”来るお客さんが訪れるという。

及川さんは、せっかく足を運んでくれるのだからとツイッターにアップしている絵の原画を店に置き、自由に閲覧してもらっている。

「ポップを作るようになってから、お客さまとの会話はうんと増えました。市内の他の書店員さんとも、お互いみんなに本を読んでもらえるようにがんばろうねと話しています。競争相手というより同志に近い感じなんですよ」

取材・文/花房麗子

最終更新:5/4(土) 7:02
FRIDAY

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事