ここから本文です

「午前決勝」の敵は暑さより騒音?東京五輪の選手村環境を考える。

5/4(土) 17:01配信

Number Web

 東京2020の日程が発表された。オリンピック種目は、テレビの放映権をもつ米国TV局の意向もあり、水泳のほとんどの種目、そして陸上の一部種目が午前決勝。またマラソン、競歩のほか、トライアスロンも朝6時~7時のスタートと、世界選手権などとは異なる日程になった。

 スタート時間が早いことに関しては、選手も関係者も「みんな同じ条件だから」と納得している様子。だが選手たちにとってはもう1つ難しい問題がある。

 睡眠対策だ。

フェルプスも愚痴った北京五輪の日程

 20年ぶりのアジアでの夏季五輪開催だった2008年北京五輪。水の怪物マイケル・フェルプスが前人未到の8冠に挑戦とあって、大会前から大きな話題をさらった。そのため、米国のプライムタイムにあわせて、水泳の決勝は午前中になった。

 「大会中、ずっと眠かった」とフェルプスは大会後にぼやいていた。

 「午前中にピークを合わせるためには、いつもよりも起床時間を早めなければないし、午前で力を出し切っても休む暇がなかった。表彰式に出て、ランチを食べて、ちょっと昼寝したら、あっという間に午後の試合だったから」

 フェルプスの場合、これに加えてドーピング検査があったため、「休む時間がほとんどなかった。わずかな時間を見つけて寝ていた」と話す。

 北京五輪の場合、選手村と水泳会場が近かったこともあり、移動時間が少ないことだけはプラスに働いたが、多種目を掛け持ちする選手にとっては、狙った大会で最高のパフォーマンスをするには少し酷な環境だった。

 フェルプスのように8種目に出場する選手はさすがにいないと思うが、多かれ少なかれ、水泳選手は同様の悩みを抱えながら東京五輪に臨むことになる。

マラソン選手は午後6時に寝ることに?

 大会最終日の午前6時スタートのマラソン男子は暑さ対策だけではなく、睡眠時間の確保も最重要解題となる。

 一般的な起床時間は、レースのスタート4時間ほど前。つまり午前2時前後。6~8時間ほどの睡眠を確保したい場合、逆算すると前夜の午後6時~8時くらいには就寝しなければならない。

 2000年シドニー五輪から5大会連続で五輪に出場し、2つのメダルを獲得し、現在はマラソンランナーとして活躍するアメリカのラガト選手は、「レースと同じ日程で3~4日間過ごして体を慣らさないといけない。問題は選手村の騒音。陸上は後半日程で、男子マラソンは最後のイベントだから、それは大きな問題になるね」と指摘する。

1/2ページ

最終更新:5/4(土) 17:01
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい