ここから本文です

なぜSTUTSは人気プロデューサーに? YUKI、土岐麻子らを魅了する楽曲センスに迫る

5/5(日) 16:00配信

リアルサウンド

 6月26日に発売される土岐麻子のリミックスアルバム『TOKI CHIC REMIX』にSTUTSが参加することが明らかになった。PUNPEEが参加した「夜を使いはたして feat. PUNPEE」でブレイクしてから、STUTSはYUKI、iriなど自由なスタンスのミュージシャンたちから引っ張りだこの、人気プロデューサー/ミュージシャンになった。

 STUTSがヒップホップを知ったのは、中学時代に聴いたRIP SLYMEなどだったという。そこからどんどんのめり込んで、高校時代にはゴリゴリの日本語ラップリスナーになった。ビートメイクを始めたのは高校の時。そして大学進学を機に上京すると深夜のクラブで、ラッパーたちのバックDJをしたり、MPCプレイヤーとしてビートライブなども披露するようになった。だがSTUTSには「単純にMPCを叩く人って所に囚われたくない」という信念があった。彼は、MPCプレイヤーとしてHIFANAらの“見せる”パフォーマンスに刺激を受けたという。彼らが登場するまでMPCプレイヤーのライブは、パフォーマンスとしてやや地味な印象があった。しかし、特にHIFANAはMPCのパッドを叩くプレイヤーのカッコよさにフォーカスした演出で、ビートライブの見せ方をガラリと変えたのだ。そのあたりの影響は、STUTSの存在を世に広めたニューヨーク・ハーレムの街角で行ったストリートライブの映像からも見て取ることができる。

 「ルーツとなる芯は保ちながら、自分のいる場所を限定しない」。これは昨年私がインタビューした記事(参照:https://www.asahi.com/and_M/20181219/390133/)で語っていたこと。まさにこのスタンスが多くのミュージシャンを惹きつける要因だろう。彼はクラブでライブしていた時期、同じイベントに出ているカッコいいラッパーたちに自分のビートを入れたデモCDを渡していたという。そのコネクションが彼の活動のベースになった。菊丸(KANDYTOWN)、RAU DEF、ZONE THE DARKNESS(現:ZORN)、KMC、Haiiro De Rossi、ダースレイダー、JJJ……。さまざまなラッパーにクオリティの高いビートを提供して存在感を強める一方で、シンガーソングライターの寺尾紗穂の楽曲にもビートプログラミングで参加していた。また2014年にはAlfred Beach Sandalとの共作「Horizon」も発表している。

1/2ページ

最終更新:5/6(月) 12:58
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事