ここから本文です

霜降り明星「ライバルはチョコプラ」“次世代ものまね芸人”の頂点目指す!<ものまねGPインタビュー前編>

5/5(日) 5:00配信

ザテレビジョン

霜降り明星が、5月7日(火)に放送される「ものまねグランプリ特別編 ものまねレジェンドが選ぶ 次世代ものまね芸人No.1決定戦」(夜7:56-10:54、日本テレビ系)に出演する。

【写真を見る】霜降り明星、“お笑い寄り”のものまねを披露!

本番組は「ものまねグランプリ」シリーズの特別編。過去にグランプリを獲得してきたコロッケ、ホリ、神奈月が審査員として参加し、次世代のものまね芸人No.1を決める。

霜降り明星の他、チョコレートプラネット、ジャガーズ、Mr.シャチホコ、古賀シュウらが出演する。

今回本番収録前の霜降り明星にインタビューを実施し、前後編に分けて公開。前編では、オファーを受けての感想や、ものまねについての思いを聞いた。

■ ものまねに加えて「漫才の“ツッコミとボケ力”で勝負したい」

――オファーを受けての感想をお願いします。

せいや:やっと来たか!という心境です。個人的に漫才もすごく好きなんですけど、ものまねも子どもの頃から好きで、コロッケさんにとても憧れを抱いていました。直接ネタを見ていただけるのが初めてなので、楽しみです。

粗品:僕はものまねできないので、シンプルに他の出演者のものまねが見られるっていうのが楽しみです!

――「ものまねグランプリ―」で会いたかった出演者はいますか。

せいや:コロッケさんです!

粗品:僕は古賀シュウさんですかねー。

せいや:おもろいもんなー。

粗品:なぎら健壱さんのものまねね!

――ものまねレジェンドたちに採点されることはいかがですか。

せいや:光栄です! 僕ら漫才師なんで、ほんまにものまねばっかりやってきた人には、“ものまね力”では劣ると思うんですけど、そこを漫才の“ツッコミとボケ力”で勝負したいです。審査員がそこを重視してくれるなら優勝は十分あり得ると思いますね!

――今回番組に出るに当たって先輩方からのアドバイスなどはありましたか?

せいや:ないっすねー。まずものまね芸人さんの連絡先を一個も知らないので。漫才師とものまね芸人さんって近いようで離れてるんですよね。全然違うんですよ、芸人でも。軽々しく話せないですね。

――ライバルはいますか?

せいや:僕はチョコレートプラネットさんですかね。最近番組でご一緒させていただくことが多いんですが、チョコプラさんはブレークされているし、ライバルとして勝ちたいですね。

粗品:僕もチョコプラさん。主流はコントなのに、ものまねもしてるのが理想形。僕らも漫才があって、ものまねがある。チョコプラさんくらいできるってことを世間に認知してほしいです。

■ ものまねは「いい武器」になっている

――お二人にとってものまねの位置づけは?

粗品:いつもやってる漫才以外にも、営業先とかで老若男女問わずにウケるのが、せいやのものまねなので助かっています。実は毎週末、いろいろな所でものまねをやっているんです。

せいや:簡単に言ったらものまねは“武器”ですよね。「何かおまえ芸人らしいことしてみろや」って言われたら、ものまねが一番強いと思うんですよ。

「自分が芸人として何ができんのやろ」「素人さんと差をつけられるのは何やろ」と思った時に、ものまねで圧倒するっていうのは大学の時から便利やなって思っていたんですよ。芸人としてちゃんと形に見える芸というか、漫才よりもお手軽にできるいい“武器”ですよね。

――ネタの見どころは?

せいや:ものまねが似ているのもすごいんですけど、僕らは似ている上にものまねという「ボケ」と、粗品の「ツッコミ」がある。どちらかというと“お笑い寄り”のものまねを見てほしいですよね。ものまねのクオリティーがすごい人はいっぱいいるんですけど、僕らは“笑えるものまね”を用意してきたのでそれを見てほしいですね。

粗品:それとレパートリーが多いのでそこを見てほしいです! お一人の方のものまねをするんじゃなくて、今回いろんな人のものまねをするんで、その数を見てほしいですね。

――ネタの登場順が23組中20番ということですが、どうですか?

せいや:いいんじゃないですかね! ちゃんとした正当派のものまねをしている方がいてくれた方が、ボケとツッコミをやるスタンスが映えるんじゃないですかね! 早いよりいいっすね!絶対!

【後編に続く】※5月6日(月)AM5時UP予定(ザテレビジョン)

最終更新:5/5(日) 5:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン34号
8月16日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事