ここから本文です

里見先生(白石麻衣)が再び下ネタ&光岡(阿久津仁愛)の“目力”が話題に!<俺スカ>

5/5(日) 8:00配信

ザテレビジョン

5月4日に古田新太主演のドラマ「俺のスカート、どこ行った?」(毎週土曜夜10:00-10:54、日本テレビ系)の第3話が放送された。阿久津仁愛、永瀬廉、道枝駿佑、長尾謙杜らイケメンたちの熱演や、白石麻衣の“珍せりふ”が話題になった。(以下、ネタバレがあります)

【写真を見る】下ネタも余裕(!?)な白石麻衣演じる里見先生

■ 不登校の生徒がカンニングを…!

本作は、ゲイで女装家の高校教師・原田のぶお(古田)が、私立豪林館学園高校で起こるさまざまな問題を解決する痛快学園ドラマ。

第3話では、学校の欠席が続いていた光岡慎之介(阿久津)が、弟と妹の面倒を見ているという家庭の事情が明らかに。また、光岡が、中間テストでカンニングを犯してしまい、のぶおが担任する2年3組が全員で再試を受けることになった。

■ 古田新太×阿久津仁愛の熱い演技に感動…!

のぶおは光岡のカンニングを受け、「テストでズルをしても、あんたが本当にやりたいことではズルできないよ」と断罪。その一方で長井先生(松下奈緒)の「社会に出て間違いを起こしたら大変なことになる。間違えは許されない」という説教を制し、「『間違えることが許されないこと』が間違っている。私たちが教えなければいけないのは一度でも間違えたら許されない社会の厳しさより、間違えてももう一度挑戦できる社会の優しさじゃないかしら」と、全科目0点という処分になりそうなところを希望に変えた。

しかし、「2年3組全員で再試」という処分に、クラスメートからは不満が噴出。久しぶりに学校に来た光岡だったが、教室内での肩身が狭くなってしまう。

このことで、母親思いで、将来の目標もきちんと持った少年・光岡は再起を懸けた再テスト最終日をサボろうとする。原田は、そうはさせまいと自宅を直撃。

「これ以上みんなに迷惑を掛けられない」という光岡に、「学校はお前を待っている。(学校に)行ってほしい母親がいる。それだけで十分だろうが!」「人間なんてな、ムカつくことはそう長くは覚えてないんだよ」「たしかに、お前を許さないやつもいる。私がミスくらい許せるクラス作ってやるから、(中略)学校に来い!」と、光岡宅の窓を叩き割る勢いで説得。

SNSでは、そんなのぶおの姿に「こんな熱い先生に出会いたかった…」「学校に行きたくないけど、頑張ろうと思った」「大人にも、原田先生の言葉は刺さる…!」と感想が多数寄せられた。また、阿久津の好演に「なんて目が美しい子なんだ」「のぶおとの感情のぶつけ合い、泣いた…」「新たな注目イケメン俳優だ!」と称賛の声も。

■ 白石麻衣が1話に続き、大胆下ネタを…!

さらに、4月20日放送の第1話で「でか○ん」発言でトレンド入りしてしまった白石麻衣演じる里見先生が再びナチュラルに下ネタを。里見先生にテスト作りの進捗をのぶおが尋ねる保健室のシーン。のぶおは「ファイティ○ポ」とエールを送ると、間髪入れず顔色一つ変えずに里見先生も「ファイティ○ポ」と返した。

さらに、のぶおの大好物のおいなりさんを一つもらうと、里見先生の口元にご飯粒が。その一粒をパクっと食べたのぶおにドキッとする里見先生の表情が描かれ、「何、今の顔! 超かわいいんですけど…恋なの?」「おいなりさん食べるまいやん激萌え」と視聴者が騒然。下ネタの流れにも「ありがとうございます(笑)」と制作サイドへの感謝を口にする人が続出した。

■ ジャニーズトリオの展開にも熱視線!

そして、永瀬演じる明智、道枝演じる東条、長尾演じる若林のジャニーズトリオの人間関係にも変動が。1話では担任に食って掛かっていた東条がクラスで孤立し、逆に1話で孤立していた若林が明智に意見したり、明智は何か孤独を抱えている描写があったり…高校生特有の不安定さと予想不可能の展開に、ファンならずともドキドキ。

■ 5月11日(土)放送の第4話は「職業体験」へ!

そんな気になる展開を抱えた5月11日(土)放送の第4話は、職業体験でまたひと騒動起こる予感。

3話のラストで、明智が一筋の涙を流す様子もあり、その理由は何なのか。ますます「俺スカ」から目が離せない。

(ザテレビジョン)

最終更新:5/5(日) 8:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン35号
8月21日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事