ここから本文です

コーヒーをやめたらアレルギー体質が改善 ACE認定ヘルスコーチ井戸本結実の健康美とは

5/5(日) 12:00配信

WWD JAPAN.com

健康志向が強まる中で、花粉症などの鼻炎性アレルギーや女性のPMS(月経前症候群)など現代人ならではの悩みを抱える人が増加している。その悩みを体質のせいにして諦めてしまってはいないだろうか。日本人で2人目となるACE認証ヘルスコーチ&パーソナルトレーナーの井戸本結実さんは、重いアレルギーやPMSを改善したひとり。経験した悩みをもとに多くの人を健康に導くために活動しているという。その活動内容と健康の秘訣とはーー

【画像】コーヒーをやめたらアレルギー体質が改善 ACE認定ヘルスコーチ井戸本結実の健康美とは

WWDジャパン(以下、WWD):健康やフィットネスに興味を持ったきっかけは?

井戸本結実(以下、井戸本):大学卒業後にPR会社に就職したのですが、終電まで会社に残るほど仕事がいそがしく、とにかく激務をこなしていました。そうしているうちに徐々に食生活が乱れていき、3食コンビニ、大好きなシュークリームは毎日1~2個、コーヒーは1日3杯も。当時まだ24歳で若いし痩せているから大丈夫だと思っていたのですが、半年ほどたった頃に不調で朝起きられなくなってしまったんです。重い体を引きずって出勤していました。25歳で結婚し、夫の都合でアメリカのワシントンD.C.に移りましたが、その後もなかなか体調は改善せず鼻炎性アレルギーも悪化する一方でした。まだ25歳なのになぜこんなにも不調なのか、何かを変えなければと奮起し行動し始めたのがきっかけです。

WWD:具体的に何をしたのか?

井戸本:アメリカで流れている健康系ラジオを聴いたり、書籍や文献を読み始めました。調べていくうちに、どうやら私はカフェインと砂糖を摂取しすぎているのだということが分かり、試しに生理前の1週間だけそれらを摂るのをやめてみたんです。そうしたら、すごく体が軽くて気分も爽快で。その後も生理前の2週間、カフェインと砂糖、小麦粉を抜く生活を続けてみたのですが、体調がみるみる良くなっていきました。最終的には自然に手が伸びなくなっていましたね。その後いろいろなことを試した中で徐々に自分自身が変わっていくのを実感しました。朝なかなか起きられなかったのが、今では起きてすぐに筋トレができちゃうくらい元気です(笑)。

1/4ページ

最終更新:5/5(日) 17:22
WWD JAPAN.com

記事提供社からのご案内(外部サイト)

WWD ジャパン

INFASパブリケーションズ

2102号
2019年9月23日発売

定価500円(税込み)

2020年春夏NYコレのデザイナーは“タイムレスこそサステイナブル”を説く

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事