ここから本文です

やりがちなNGモテメイク。ツヤ感のつもりがギトギト…

5/5(日) 15:47配信

女子SPA!

 美容ライターの西田彩花です。

 出会いの場などでは、男性ウケを狙いたいものです。本気で相手を見つけたいときは、さまざまなところに力を入れるかと思います。メイクもその一つでしょう。

⇒【写真】やりすぎメイク

 しかし、モテメイクのつもりなのに男性ウケが良くない場合もあります。せっかくの出会いの場であれば、メイクも上手く味方につけたいですね。

パッチリ目やセクシーアイのつもりが…

 まずはアイメイク。パッチリとした大きな目が好きという男性も多いです。同性から見ても、パッチリ目は憧れの的。

 しかし、やりすぎメイクは禁物です。不自然に見えてしまいがちなのが、涙袋メイクです。ギラギラとしたホワイトラメを涙袋に乗せると、そこに視線がいってしまいます。

 確かに、涙袋メイクをすると目の縦幅が出ます。しかし、ギラついた下まぶたは男性ウケがあまり良くない傾向。ベージュなど、肌馴染みの良いカラーを乗せた方が自然に仕上がります。

 また、囲み目メイクも要注意。暖色系カラーで囲み目をするとセクシーなのですが、初対面で会う人がこういったメイクをしていると少しギョッとしてしまうという声も。変化球メイクは、マンネリ化したデートの時などに使ってみると良いかもしれませんね。

リップでセクシーさを強調しているつもりが…

 次にリップメイク。セクシーさやキュートさを表現しやすいパーツでもあります。モテメイクでも重要ですよね。

 男性から見て敬遠しがちなのが、唇全体にグロスを塗りたくったギトギトリップ。デートなんかでも、キスしたらギトギトがついてしまいそう…なんて思われてしまうかも。ツヤ感のあるルージュで仕上げると、品のあるリップメイクになりやすいですよ。

 また、濃いカラーも好まれない傾向。同性視点ではオシャレな大人のカラーにも見えるのですが、モテメイクにはあまり向いていません。リップカラーが濃いだけで、顔全体がケバケバしい印象に見えてしまうようです。

全部ピンクだとクドくなる

 パーツメイクだけではなく、顔全体のバランスも大切です。人の顔を見るときは、目元や口元だけを見るわけではありません。全体を見てさまざまな印象を持つので、バランスがどうかも気をつけましょう。

 モテメイクのカラーといえばピンクを思い浮かべるかもしれません。ピンクを身にまとっている人を見ると、可愛らしいイメージを持つ方も多いでしょう。

 しかし、アイカラーもチークもルージュも全てピンク、とするとクドくなってしまいがちです。ワンカラーメイクもこなれ感があってステキなのですが、モテメイクでは引き算を使った方が賢明でしょう。アイカラーにピンクを使った際は、チークやルージュを控えめな色味にするなど、バランスを取ってみて。

1/2ページ

最終更新:5/5(日) 15:47
女子SPA!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事