ここから本文です

瀬戸内国際芸術祭 2019〈直島・沙弥島・女木島〉新作レポート

5/6(月) 18:55配信

Casa BRUTUS.com

毎回、新作アートが登場し、見どころがどんどん増えている『瀬戸内国際芸術祭』の春会期がスタート! 本記事では、直島・沙弥島・女木島の新作を中心に、知れば知るほど面白くなる、アートを支えるバックストーリーを紹介します!


瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松・宇野の2つの港を中心に開かれる『瀬戸内国際芸術祭』。穏やかな内海と南の明るい気候の中、現代アートを楽しめる祭りとしてすっかり定着した。今回も前回2016年同様、春(~5月26日)、夏(7月19日~8月25日)、秋(9月28日~11月4日)の3期に分けて開かれる。エリアによって3会期通じて展示されるものと1期のみ、または2期にまたがって展示されるものがあり、春・夏・秋それぞれに楽しめる。本記事では、春会期のみ開催となる沙弥島と、春、夏、秋を通じて展開する女木島・直島の、見逃せない新着アートを中心にピックアップ!

●沙弥島(しゃみじま)

2013年から『瀬戸内国際芸術祭』のエリアに加わった沙弥島はもともと島だったが、橋がかけられ、船に乗らなくても行くことができるようになったところ。高松から車で約40分、ここで真っ先に訪れたいのが西ノ浜にある五十嵐靖晃の作品《そらあみ〈島巡り〉》だ。砂浜に色とりどりの糸で編んだ網がかかっている。色は赤、青、黄、白、黒の5色、長さは約60メートル。正面から見ると青空にそれぞれの色が溶けていくようにも見える。この網は、瀬戸大橋がかかっている5つの島の人々に編んでもらった「漁網」だ。

「橋がかかって行き来は便利になったけれど、それまで島々を結んでいた定期船が廃止されたため、島の人々どうしはかえって疎遠になってしまったんです」と五十嵐はいう。定期船なら乗り合わせた人同士で会話もできるが、橋ができるとみんな自家用車で走り抜けてしまうからだ。

網はそれぞれの島で作られて、最後に沙弥島の展示場所で「連結」した。編んでくれたのは漁師を中心とした人々。島外の人が島を訪れて一緒に編むワークショップも開かれた。編みながら、みんなが昔話をする光景も。島の年配の漁師は「網は人を寄せる」と言ったそうだ。編んでいる間に自然とゆるやかなコミュニティができる。「そらあみ」という作品名には「空がつながるように島もつながる」という意味を込めているのだという。

1/4ページ

最終更新:7/3(水) 18:32
Casa BRUTUS.com

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事