ここから本文です

『スター・ウォーズ』新作の予告編を読み解いて判明したこと、シリーズは当面休止という悲報も!?

5/6(月) 14:11配信

WIRED.jp

ケッセルランの準備だ! 4月にシカゴで開かれたファンイヴェント「スター・ウォーズ・セレブレーション」で年末に公開されるシリーズ最終作の初の予告編が公開されたことで、事態は急展開している。まずは落ち着いて、予告編のまとめから始めよう。

【動画】『スター・ウォーズ』新作の予告編

新作のタイトルは『スター・ウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー』!

情報源:ルーカスフィルム
信憑性:文句なしに正確なはず。
実際のところ:肝心の予告編をまだ見ていない人は、ここから確認してほしい。『ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー』という正式タイトルに加え、以下のようなことがわかっている。

レイはルーク・スカイウォーカーのライトセーバーのほかに、ハン・ソロのブラスターも装備している。また、マーク・ハミルのナレーションが入っていることにも注意してほしい。つまり、ルークがフォースの霊体として登場する可能性が高まったということになる。

カイロ・レンの戦闘シーンにはレン騎士団がいたようだ。あのヘルメット集団は恐ろしいが、同時に最高にクールだということは認めなければならないだろう。

終わりに近いところで一瞬だけ映し出された古びたメダルは、『新たなる希望』で描かれたヤヴィンの戦いで功績のあった者に贈られた勲章だ。ただ、いったい誰のものなのだろう。

デス・スターの残骸らしきものも登場した。デス・スターははるか昔に破壊されたはずなのだが……。

予告編の最後には、ダース・シディアスの不気味な笑い声がこだましていた。皇帝パルパティーンが復活するということだろうか。しかし、いったい全体、どうして最後があの笑い声になるのかがまったくわからない。

とにかく、興奮すると同時に困惑したファンも多いだろう。タイトルにしても、その真意についてさまざまな憶測が飛び交っている。ただ、出演者に聞いても何も知らないだろうということだけは確かだ。デイジー・リドリーですら、正式なタイトルを聞かされたのは発表のわずか1週間前だったという。

『ザ・マンダロリアン』最新情報

情報源:ルーカスフィルム(こちらもファンイヴェントでの発表)
信憑性:「発表」とは言えないかもしれないが、正確なことは確かだ。
実際のところ:「スター・ウォーズ・セレブレーション」では、シリーズ最終作の予告編だけでは満足できないというファンのために、さらなるサプライズも用意された。『ザ・マンダロリアン』のパネルディスカッションが行われ、脚本・原案のジョン・ファヴローと共同プロデューサーのデイヴ・フィローニに加え、主演のペドロ・パスカル、ジーナ・カラーノ、カール・ウェザースが壇上に姿を現したのだ。

ネットではイヴェントのハイライト映像が公開されているが、会場に居合わせた幸運なファンははるかに多くの情報に触れることができた。投資家向けに作成されたメイキング動画のほか、撮影されたばかりのアクションシーン(『帝国の逆襲』でおなじみの賞金稼ぎたちが登場していた)や第1話の一部の映像が流されたのだ。

参考までに、第1話ではウェザース演じる賞金稼ぎのギルドのまとめ役グリーフ・カルガが、パスカル演じるマンダロリアン(名前はまだわからないが、仲間からは「マンド」と呼ばれていた)に秘密の仕事をやるよう命じてくる。「カーゴ」の一部を探すという仕事なのだが、マンダロリアンはこの「カーゴ」が実は人間で、依頼主は銀河帝国であることを知る。

いつも応援してくれるファンへの感謝の気持ちという意味では、これほどの贈り物はないだろう。イヴェントに足を運ぶことができなかった人たちは、くやしがっているに違いない。『ザ・マンダロリアン』の第1話は、ディズニーの映像配信サーヴィス「Disney+」の開始に合わせて11月12日に放送予定だ。

1/3ページ

最終更新:5/6(月) 14:11
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事