ここから本文です

実在した犯罪者ボニーとクライドがモデルになった作品 ― ビヨンセ&ジェイ・Zから2019新作まで

5/6(月) 18:40配信

エスクァイア

「Black Bonnie」 (2018)

 メインストリームのミュージック・シーンで、直近でボニー&クライドを取り上げていたのがラッパーのワーレイです。

 この「Black Bonnie」という曲は、自分だけのボニー・パーカーを見つけるという内容です。

「ハイウェイメン」(The Highwaymen) (2019)

 Netflixの新作『ハイウェイメン』はボニーとクライドを美化するのではなく、彼らを追いつめた男たちのほうに焦点をあてています。その点は賞讃に値するでしょう。

 ただひとつ残念なのは、ボニー・パーカーとクライド・バロウの姿をたっぷり見ることができるのは、彼らが早すぎる最期を迎えるときになってからだということ。

 ネタバレだと言っても、そんなに気にすることはありません。どうせ80年前の物語なのですから…。

3/3ページ

最終更新:5/6(月) 18:40
エスクァイア

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エスクァイア

ハースト婦人画報社

1933年にアメリカで誕生した
ハイエンド・ファッション雑誌です
ファッションやライフスタイルにとどまらず
アート、カルチャー情報などを届けます

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事