ここから本文です

自動車関税はトランプにとっても痛手となりかねない 日米貿易交渉で日本が有利となるこれだけの理由

5/6(月) 18:00配信 有料

週刊東洋経済

トランプ氏は5月末に来日し、安倍氏との会談を予定(写真は昨年11月のG20)(AFP/アフロ)

<2019年5月11日号> 日米貿易交渉が本格化し始めた。数カ月後にはライトハイザー米通商代表部(USTR)代表と茂木敏充経済再生担当相のやり取りが加速し、トランプ大統領と安倍晋三首相がトップ交渉を重ねるとみられる。日米が経済関係の調整を迫られているのは、トランプ政権が環太平洋経済連携協定(TPP)を離脱したためだ。 本文:1,471文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

記事購入にも使える108ポイント獲得できるチャンス

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

ジェームズ・ショフ :米カーネギー国際平和財団 上席研究員

最終更新:5/6(月) 18:00
週刊東洋経済

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る