ここから本文です

株式譲受先にプライベート・エクイティが急浮上 目的はカリスマの留任、格力電器が民間資本導入

5/6(月) 18:00配信 有料

週刊東洋経済

近く65歳になるカリスマ経営者・董明珠氏の定年問題から、格力電器は民間資本受け入れを決定(ロイター/アフロ)

<2019年5月11日号> 4月9日に発表された国有の家電大手メーカー・格力電器(本社・広東省珠海市)のリリースに注目が集まった。同社の大株主である格力集団は保有している18%強の同社株式のうち15%を売却する意向で、買い手を市場から公募する。譲渡価格は400億元超(1元は約16.7円)となる見通しだ。 本文:1,430文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

孫 田夫 :秦立資本 CEO

最終更新:5/6(月) 18:00
週刊東洋経済