ここから本文です

顔面に血を塗りたくる美容法「ヴァンパイア・フェイシャル」で血液感染、生みの親が語る

5/6(月) 12:03配信

Rolling Stone Japan

米ニューメキシコ州のスパ施設「VIP Spa」でセレブに人気の美顔術「ヴァンパイア・フェイシャル」を受けた顧客2名からHIV検査で陽性反応が出た。

アルバカーキにあるこの施設は、患者の1人がヴァンパイア・フェイシャルの施術後まもなく「何らかの感染症」にかかったと報道され、昨年閉業している。のちにニューメキシコ州の保健局が立ち入り調査をしたところ、注射針の保管と施術マニュアルが安全とは言えず、それゆえ血液由来の感染症に伝染する危険が非常に高かったことが判明した。

ニューメキシコ保健局では、2018年5月または6月に同スパでヴァンパイア・フェイシャルを受けた患者に対し、HIVおよびA型・B型肝炎の検査を受けるよう勧告した。同保健局の広報担当者、キャシー・カンケル氏は最新の声明の中で、スパ施設の元顧客100名がすでにHIV、A型・B型肝炎の無料検査を受けたことを明らかにし、市としては「注射を伴う治療を受けた方にも、検査とカウンセリングサービスを提供してゆきたい」と述べた。さらに、2名の患者がHIV検査で陽性反応が出たことから、両者が同じ感染ルートをたどった可能性が高いとも語った。

幸いなことに、2名の患者の他には元顧客でHIV陽性反応が出た者はいなかったと、ニューメキシコ保健局のデイヴィッド・モーガン広報部長はローリングストーン誌に宛てた声明で述べた。また、「こうした美容施術を直接規制する法律はないものの……ニューメキシコ保健局では、施術を受ける前に内容をしっかり把握しておくよう、人々に呼びかけています」とも付け加えた。

もともとヴァンパイア・フェイシャルは、キム・カーダシアンによって人気に火が付いた(施術後の写真を自撮りし、Instagramに投稿していたことで有名)。正式名称は多血小板血漿(PRP)療法。具体的には、患者の腕から血液を採取し、遠心分離機で多血小板血漿と赤血球に分離する。多血小板血漿には肌のコラーゲンと弾力性を高める成長因子が多く含まれると言われ、それにより若見え効果が得られるという。患者はまずマイクロ・クリスタルピーリングを受けた後、血液から採取した血小板を、いわばフェイシャルマスクのような感じで肌に塗布される。「PRPは体内の天然成長因子やサイトカインに働きかけて肌を修復し、健康的な新しい肌繊維を再生して、コラーゲンの生成を促します」というのはジュリー・ラサック博士。ニューヨーク市でこの美容法を提供する皮膚科医だ。

PRP療法はポピュラーだが、十分に研究された施術とはいえない。PRP療法がけがの回復プロセスを速める効果があるとする研究結果もあるが、たとえば小じわやしわの除去に効果的だという証拠はどれも信ぴょう性に乏しい(ただし、2018年に行われた小規模な研究では、「光老化肌の数値改善」に作用する可能性が示唆された)。

1/2ページ

最終更新:5/6(月) 12:03
Rolling Stone Japan

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Rolling Stone Japan vol.06

CCCミュージックラボ

vol.06
2019年3月25日発売

1000円(税抜)

特集:HYDE
ヒプノシスマイク
モーニング娘。’19 ライブの舞台裏
特集「今のポップシーン」の主役たち

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事