ここから本文です

不倫夫がLINEでギャル用語を連呼「あざまる水産よいちょまる~」妻の選択は?

5/6(月) 8:48配信

女子SPA!

 近年、話題になるのがギャル用語。「マジ卍」や「いい波のってんね~」など、テレビなどでも取り上げられることが多いようです。

 ギャル用語について知るのは面白いですが、さて自分の周りの人が、それもいい歳した大人が使っていると、やはり違和感があるもの。しかも自身の夫となるとさらに…。

 加藤博美さん(仮名・34歳・ライター)の夫・Nさん(42歳)はカフェバーを経営しています。

「夫が脱サラして5年前から始めた小さなお店なのですが…なんとかやっているみたいです。私は将来が不安なので、彼がお店を出す事にずっと反対していたんですけどね」

 アルバイトを2人雇い、Nさんが店長として毎日お店に入って切り盛りしているのですが…。

「最近、夫が家に帰ってくると、新しくバイトに入った大学生のM子ちゃんの愚痴ばかりを聞かされて…私は何も悪くないのに、嫌な気持ちをぶつけられてサンドバック状態でウンザリなんです」

 どうやらM子ちゃんはギャルらしく、遅刻は多いわ、接客は雑だわ、お通しのお菓子は勝手に食べるわと、好き放題しているようで夫の愚痴は止まらないそう。

「そんなに使えない子ならクビにしたら? と返すと『でも顔が可愛いしお客が増えるかもしれないから』とか言うんで、知るかよって思っていましたね」

 するとある時からパッタリと夫の口からM子さんの話題が出なくなりました。

夫のバイトのギャルについての発言に違和感

「しかもNがインスタで『タピってる!』とタピオカミルクティーを飲んでる写真を上げているのを見て…おじさんが何やってんだよ、イタいなってあきれてたところで」

 そういえば、夫がM子ちゃんの話し方やギャル用語に対して、さんざん文句を言っていた事を思い出し…。

「なんとなく気になってしまってNに、M子ちゃん辞めたの?と聞いたら『いや、よく頑張ってくれているよ』と目を細める姿を見て、あれ?何かおかしいなと感じました」

 ためしに、Nさんが寝ている隙にこっそりLINEをのぞいてみた博美さん。

「夫は数字を覚えるのが苦手なので、パスコードに彼の大好物のししとう(4410)と入れてみたらビンゴでしたね」

 すると、M子ちゃんとのやり取りを発見。

1/2ページ

最終更新:5/6(月) 14:19
女子SPA!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ