ここから本文です

本日放送『ものまねグランプリ』出演! 「Lemon」歌マネ動画でも話題のYouTuber松浦航大とは?

5/7(火) 11:52配信

リアルサウンド

 本日5月7日放送の『ものまねグランプリ特別編 ものまねレジェンドが選ぶ次世代ものまね芸人No.1決定戦』(日本テレビ系)に、YouTubeで精力的に活動するボーカリストの松浦航大が出演する。番組の趣旨に合致した、次世代の歌マネスターだ。

 2月15日には、『スッキリ』(日本テレビ系)で「SNSで話題のニューウエーブアーティスト」として紹介され、大きな話題になった松浦。Mr.Children櫻井和寿、米津玄師、平井堅、槇原敬之、コブクロ黒田俊介など、実力派シンガーのものまねを高精度でこなし、かつ、ボイスパーカッション(YouTuber・ヒカキンのマネ)、コーラスワークを含めて、アカペラで「豪華共演」させてしまう。番組でもそんなスゴ技を披露し、加藤浩次を始めとするMC陣を唸らせていた。

 そんな松浦の歌唱を楽しめるのが、彼のYouTubeチャンネルだ。2015年12月に開設した同チャンネルで、当初はアカペラ動画を何本かアップしていたが、徐々に得意のものまねにシフトし、大ブレイクしたのは今年1月に公開した『【1人ものまね紅白】大物アーティスト達が『Lemon』をハモった時の事を妄想してみた。』と題された動画だ。

 タイトルの通り、前出の豪華アーティストたちのものまねによる米津玄師『Lemon』のアカペラ動画で、印象的な「ウェッ」という音を平井堅のものまねで表現するなど、短い動画ながら小ネタもしっかり入っている。そのハイクオリティな歌マネに視聴者からは称賛の声が殺到し、5月7日現在で270万再生を超えるヒット作となった。

 その後も中島美嘉「雪の華」、ゆず「栄光の架橋」、星野源「アイデア」、あいみょん「マリーゴールド」、back number「瞬き」、欅坂46「黒い羊」などなど、人気曲で豪華アーティストのコラボを実現させ、チャンネル登録者数を伸ばし続けている。歌マネのクオリティや純粋な歌唱力だけでなく、本人の楽曲のフレーズを挿入したり、表情や歌い方などビジュアルを変化させたりと、エンターテイメント性が高い動画になっていることも見逃せないところだ。

 動画は「あのアーティストがこの歌を歌ったら」がメインになっており、あるいは本人の楽曲を歌うより甘く見える部分があるかもしれないが(実際、米津玄師は本人楽曲の「LOSER」より、現状では他アーティストの楽曲のほうが似て聴こえる)、とにかく「クセ」のつかみ方に感心させられる。レパートリーも際限なく広がっていくだろう。

 現在はボーカルグループ「aoiro」の活動に注力しており、「歌マネ」が彼の活動のどれくらいのボリュームを締めていくかは読めないところだが、ものまねファンとしては、かつての荒牧陽子のようなブレイクも期待してしまう。まずはYouTubeの動画をチェックしてみてはいかがだろう。

向原康太

最終更新:5/7(火) 11:52
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事