ここから本文です

乃木坂46、4期生の奮闘に反響続々「感動した」「涙がでてきた」

5/7(火) 5:30配信

ザテレビジョン

5月5日に放送された「乃木坂46のガクたび!」(NHK BSプレミアム)に、“4期生”の中から賀喜遥香、掛橋沙耶香、田村真佑、早川聖来が初登場。引率係として参加した堀未央奈と渡辺みり愛と共に、日本航空高等学校山梨キャンパスを訪れた。

【写真を見る】笑顔でパフォーマンスする姿が話題になった乃木坂46の4期生・掛橋沙耶香

4期生の4人は、「3年生を送る会」というイベントで、“太鼓隊”に混ざってサプライズ演奏をすることに。同校は、和太鼓の日本一を決める大会で3連覇を果たしたほどの“強豪校”。4人はとてつもないプレッシャーを感じ取っていた。

まずは1・2年生のお手本を見学。その迫力に圧倒された田村は「すご過ぎて、声が出ないくらい本当にすごい」、賀喜も「聴いてて感動するし、ずっと口が開きっぱなしでした」とコメント。

早速練習を始める4人だったが、特に掛橋に関しては「腕も細いし、誰よりも小さいから」と渡辺も心配な様子。

たたき方はもちろん、体の動きも加わり苦戦した初日の練習、早川は「できる気がしないです。まず音も鳴らないし、自分がそこまでできるのか不安が大きいです」、賀喜は「まだ半分しかやってないって言っていたんですけど、半分だけで手がもうヘロヘロになっちゃって、最後の方はもう力入らなくなっちゃったので、全部やるってなったら体力面がすごく心配だなって」と不安を口にしていた。

2日目はより本番に近い練習を行い、さらに舞台上での通し稽古にも臨んだ。一旦全体での練習はここまで、あとは東京に戻ってそれぞれが自主練習に時間を費やした。

そして発表会当日、生徒たちと同じ衣装に身を包んだ4人は、最終確認を経て、いざ700人の卒業生・在校生・関係者が集まった会場へ。

見事に堂々とやりきった4人と太鼓隊には、会場から大きな拍手が送られた。掛橋は「やる前はすごく緊張していたんですけど、素直に楽しんじゃいました。すごい笑顔で」と最高の表情を見せた。

賀喜は「皆さんが歓声とか盛り上げてくださって、緊張も吹き飛んじゃって、不安でいっぱいだったんですけど、すごい楽しめてできました」。

田村は「ちょっと間違えてちゃったんですけど、『あっ』ていう顔せずにできたのでよかったかなって思います。

早川は「太鼓隊に入りたい」と笑顔を見せ、今回の「ガクたび!」は終了した。ネット上では「真剣に取り組む姿に感動した」「和太鼓カッコ良かった」「これが噂の掛橋沙耶香ちゃんかー」「益々応援したくなった」「自然に涙がでてきた」などと大盛り上がり。

中には「ガクたび!からの乃木坂工事中とか最高過ぎやろ」など、乃木坂46のファンのメッセージも多数寄せられていた。

次回の「乃木坂46のガクたび!」は、5月12日(日)夜10時50分から放送。「閉校する小学校へ贈り物&女子応援団」をオンエア予定。(ザテレビジョン)

最終更新:5/7(火) 5:30
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン39号
9月18日

定価:410円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事