ここから本文です

中丸雄一出演「わたし、定時で帰ります。」で回想する KAT-TUNが成し遂げた「働き方改革」

5/8(水) 16:00配信

Book Bang

 約束の日までありのまま生きて行く皆さんこんにちは。ジャニーズ出演ドラマ/映画の原作小説を紹介するこのコラム、おかげさまで連載50回を迎えました。令和のジャニ読みは、このドラマからスタートだ! 

■中丸雄一(KAT-TUN)・出演! 「わたし、定時で帰ります。」(2019年、TBS)

 原作は朱野帰子の同名小説『わたし、定時で帰ります。』(新潮文庫)とその続編『わたし、定時で帰ります。ハイパー』(新潮社)だ。残業はしない・有給は消化する、がモットーのヒロイン・東山結衣が、サービス残業の強制やパワハラ、ブラック上司や古い体質の取引先などに翻弄される様子を通し、働くとは何かを描いた物語である。

 原作は連作短編に近い形式で、一話ごとに異なるタイプの社員と結衣の攻防(? )が描かれる。1作目では、休まないことが頑張ってる証だと考える社員、やる気を見せるために育児休暇を返上するワーキングマザー、会社に泊まり込んでる社員、「辞める」が口癖の新人、そして部下を潰すブラック上司。続編ではさまざまなタイプの新入社員を取り上げつつ、マッチョな精神主義の取引先との戦いがメインとなる。

 ドラマでは第4話までに上記の休まない社員・ワーキングマザー・辞めたがる新人・会社に泊まる社員の話が登場。各話のテーマは原作に準じているが、エピソードはいずれもかなり変更されていた。続編に登場するスポーツ用品メーカーをドラマの第3話に入れるといったアレンジだけでなく、全体的にドラマは原作よりも「はっきりした事件」を持ってくる傾向にある。

 たとえば、ドラマ各話で描かれた事件──「休まない女」が出社しなくなるとか、新人が内部の動画を流出させてしまうとか──は、原作には登場しない。原作ではそれぞれの問題がそこまでおおごとにならないよう、結衣や他の社員が奔走する様子が描かれているのだ。そういう意味では、ドラマより小説の方が地味かもしれない。けれどその分、身近でリアルだ。登場人物のセリフひとつひとつに「あるある!」「いるいる!」と机をバンバン叩いてしまう。もう身につまされすぎて身悶えするよ。

 ドラマには(今のところ)登場していないが、実は原作にはとても特徴的な趣向がある。第1作では第二次世界大戦中に日本軍が敢行した「インパール作戦」を、続編では江戸元禄期の「忠臣蔵」を物語の随所に登場させ、今の労働問題と重ね合わせているのである。これが実に巧い。今の若い人が直面している問題は昔から存在していたこと、昔も悲劇的な結末を迎えていたこと、そしてそれをどう教訓にすべきかが、とてもよくわかるのだ。この趣向を味わうだけでも、原作を読む価値はある。

1/3ページ

最終更新:5/8(水) 16:00
Book Bang

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事