ここから本文です

FC東京・森重真人「久保建英はおしゃべり。室屋成にはある相談をされて…」

5/8(水) 20:30配信

ananweb

浦和レッズ・槙野智章選手は、いいライバル

そもそも、サッカーを始めたきっかけは2つ上のお兄さんの影響だったという森重選手。

ーー当時のライバルはお兄さんだったそうですが、いま現在、意識している選手はいらっしゃるのでしょうか。

森重選手 浦和レッズの槙野(智章)選手は、同じ1987年生まれで、小学校から同じチームでした。ポジションも一緒なので、おのずと彼と比べられることがたくさんありましたね。負けられない、良いライバルです。

ーー槙野選手がライバルというと、その先に日本代表が見えますね。

森重選手 僕は代表からだいぶ離れているのでなかなか難しいと思いますが、常にそこは目指してやりたいですね。日本を背負うという責任感のあるなかで、またプレーしたいと思っています。

ーーぜひともまたそのお姿を見たいです! FC東京には、森重選手のほかにも、室屋成選手や久保建英選手など日本代表(世代別日本代表)入りされている方も多いですね。その方々とのエピソードを教えてください。

森重選手 久保選手は、クレバーなプレーをするので、しっかりしているように見えますが、まだ17歳ですから、おちゃめな面もあるし、よくしゃべりますね。サッカーやファッションのことはもちろん、「こういう子がかわいいよね」という女の子の話もしていますよ。ピッチの外では、久保選手こそとてもかわいいです。

室屋選手はクールなところがありますね。自分をどう見せるかをちゃんと考えながら、いい意味で「室屋成」を演じていますよ(笑)。それと、最近彼に子どもが生まれたので、育児相談をされました。

ーーどんな相談内容だったのですか?

森重選手 おむつはどうやって替えるのか、パパがやるのか、です。特に、大きいほうでも替えるのかと聞かれました。室屋選手はトライしてできなかったみたいですが、これに対して、僕も無理だったけれど、替えたほうがいいよというアドバイスをしました。(笑)

ーーおふたりがおむつを替えている姿は想像するとほほえましいですが、実際はやれないというのは、ちょっと情けないかも(笑)。では、最後はカッコよく、サッカーの魅力を教えてください。

森重選手 正解がないところ、ですね。こうすれば絶対勝てる、うまくなるというのがないからこそ、毎日どうすればいいのかを考えながら過ごすことが、サッカーを楽しめているひとつの要因だと思います。いまは、チームがどうやったら勝てるのかをひたすら考えていますね。

子どもの頃は、ただボールを蹴っていれば楽しかったのですが、大人になるにつれて複雑になってくる。正直、昔のほうが純粋に楽しめましたけれど、責任感が増したいまこそ、考え抜いた結果の勝利が、よりいっそう価値のあるものだと思えます。

2/3ページ

最終更新:5/8(水) 20:30
ananweb

記事提供社からのご案内(外部サイト)

anan

マガジンハウス

anan No. 2152
5月22日発売

価格 600円

私たちが知りたい、得する お金Q&A/岡田准一

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事