ここから本文です

もの忘れが増えてきたなと思ったら…実は「スマホ認知症」かも

5/8(水) 20:41配信

集英社ハピプラニュース

「なんだか最近もの忘れがひどくなってる気が……」「スマホの画面を見るのがつらく感じる」

その不調、加齢・老化のせいだとあきらめていませんか?
実はスマホの使いすぎで、気づかないうちに脳や目が疲れているのかも。老化じゃないので対策は可能!まずはセルフチェックから。

あなたもなってるかも!?スマホの使いすぎによる「スマホ認知症」「スマホ老眼」

スマホの使いすぎが“老化“を引き起こしている?当てはまるものにチェック!

C H E C K !

□ 電車内、待ち時間など少しでも時間が空いたらスマホを見る
□ 夜、ふとんやベッドの中でもスマホを触っている
□ 頭痛、肩こり、疲れ目が続いている
□ よく寝たはずなのに疲れがとれない

1つでも当てはまったら「スマホ認知症」「スマホ老眼」かも・・・

さらにチェック!

スマホ認知症チェックリスト

□ 会社の同僚など、よく知っている人の名前が出てこないことがある
□ 会議や約束を忘れていたり、ダブルブッキングしたりして慌てることがある
□ ここ数カ月で話題になったニュースを3つ挙げられない
□ スマホに頼って道を覚えようとしなくなった
□ 仕事、料理、掃除などの段取りが悪くなった
□ どうでもいいことに執拗にこだわってしまうことがある
□ 以前から好きだったことに興味がわかなくなった

スマホ老眼チェックリスト

□ 手元にあるものが見づらい
□ 本や新聞を読むと目が疲れる
□ 以前より目の疲れを感じるようになった
□ 12秒間まばたきを我慢できない
□ 午前中より夕方のほうが見えづらい
□ 目を使うとイライラすることがある
□ 目の下のクマが消えない


いかがでしたか?
今回は、もの忘れだけじゃない、うっかりミスが増えたり、コミュニケーション能力も低下してしまうという、「スマホ認知症」についてさらに詳しくみていきます。

30代・40代、もの忘れが増えてきたなと思ったら……実は「スマホ認知症」かもしれません

年齢とともにもの忘れはひどくなるものとあきらめていませんか?
スマホの使い方によっては、加齢とは関係なく脳の大切な機能を衰えさせてしまうことがあるんです!

スマホによって脳がまったく休まらない状態に

もの忘れに特化した診療を行い、これまで10万人以上の脳を診断してきた、脳神経外科医の奥村歩さん。ここ10年ほどで、30代~40 代の若い人がもの忘れの症状を訴えて来院するケースが増えていることに気づいたそうです。

「30代、40代の方でいわゆる認知症の方はほぼおらず、ほとんどは老化ではなく、脳の疲れが原因です。
最近は子育てをしながら仕事を続けている女性が多く、マルチタスクでいくつもの案件を同時にこなしていかなければならない。さらに環境の変化も多い年代で、脳が疲れやすい状況にあります。
だからこそ、積極的に脳を休めなければいけないのに、いつもスマホをいじって大量の情報を入れて、脳を疲れさせているのです」(奥村さん)

1/2ページ

最終更新:5/8(水) 20:41
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事