ここから本文です

育成出身の山口鉄也が手にした球史に残る初勝利(2007年5月9日)

5/9(木) 7:05配信

週刊ベースボールONLINE

 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は2007年5月9日だ。

 さわやかな笑顔には野球ができる喜びにあふれていた。この日、甲子園で行われた阪神戦で巨人の山口鉄也は育成出身選手として初めて勝利投手となった。4対5の8回に4番手として登板。この回を1安打無失点で切り抜けると、9回に打線が逆転して白星を手にした。

 甲子園での伝統の一戦という大舞台での勝利に「甲子園は高校のときに行けず、もう行けない場所だと思っていた。それが初勝利なんて……感激です」と声を震わせた山口。横浜商高ではプロから声がかからずに、野球を続けたい、レベルアップしたいとの思いから卒業後、メジャー・リーグ、ダイヤモンドバックス傘下のルーキーリーグに飛び込んだ。長時間バスで移動し、遠征先での手当ては1日20ドル。ハンバーガーをかじりながら夢を追った。

 アメリカで3年間プレーし、06年から導入された育成選手制度で巨人に入団。支度金はわずかで年俸は240万円だったが、アメリカで耐えた山口にとっては「恵まれていた。二分選手と同じように扱ってもらったし、いい場所だった」。そして、2年目の07年4月23日に支配下選手登録され、夢だったプロでの初勝利にたどり着いた。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:5/9(木) 7:05
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事