ここから本文です

ラフに持つのが新鮮! カジュアル系BLTバッグ

5/9(木) 20:50配信

集英社ハピプラニュース

たっぷりの収納力と軽さ、使いやすさ、大人に似合うルックスを備えたBigでLightなToteバッグ、通称「BLTバッグ」が今季大注目! キャンバスやラフィア、ナイロンなどカジュアルな素材を使った、着こなしにこなれ感を添える人気ブランドの逸品を大公開。

【写真】50代に似合う髪型はこちら

カジュアルなキャンバストートが着こなしにこなれ感をプラス GIANNI CHIARINI【ジャンニ キアリーニ】

1970年代にフィレンツェのバッグ工房としてスタートした、上質レザーと遊び心のあるスタイルが魅力のブランド。張りのあるキャンバス地に、レザートリミングで強度と品格をアップ。取りはずせるレザーポーチつき。

「MARCELLA」バッグ(29×38×16)¥28,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) ジャケット¥69,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(クチュール ド アダム) カットソー¥12,800/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(ルミノア) パンツ¥37,000/アスペジ 六本木店(アスペジ) サングラス¥28,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ヴィクター&ロルフ) バングル¥20,000/マルティニーク丸ノ内(フィリップ オーディベール)

ラフに持つのが新鮮「カジュアル系BLT」

キャンパスやラフィア、ナイロンなど、カジュアルな素材のBLTバッグ。大人がシックに持てる人気のブランドからピックアップ。

1.ブレイク必至の洗練トート
A VACATION【ア ヴァケーション】
昨年秋冬にデビューした途端、たちまちおしゃれな人が飛びついたバッグブランド。代表的なトートバッグ「TANK」は、合わせる服のテイストを選ばず、高感度なスタイルが決まる。
「TANK L」バッグ(37×45×19)¥57,000/アマン(ア ヴァケーション)

2.キャンバストートの永久定番
L.L.Bean【エルエルビーン】
ショッピングバッグとして登場したこのバッグは、体になじむナチュラルな風合いが魅力。コンパクトに折りたためて、底は布が二重なので強度も安心。
「グローサリートート」バッグ(37×45×17)¥2,400/L.L.Bean カスタマーサービスセンター(L.L.Bean)

3.品よく機能的な都会派バッグ
ELENA GHISELLINI【エレナ ギゼリーニ】
数々のコレクションブランドを経験したデザイナーが、’03年にフィレンツェで設立したバッグブランド。春夏マストなカゴバッグも、大きめ、そしてモダンなデザインが大人好み。
バッグ(30×55×15)¥46,000/マルティニーク丸ノ内(エレナ ギゼリーニ)

4.頼れるナイロンバッグの代名詞
LeSportsac【レスポートサック】
ビニールポーチとシューズケースつき、ポケットは外側に3つ&内側に2つと、細かいところまで使い勝手のよさはお墨付き! ピンクがかったメタリックカラーも高級感を後押しする。
「ジムトートバッグ」バッグ(36×42×16)¥23,500/レスポートサックジャパン

5.パリのエスプリを感じて
Herve(※eはアクセント記号付き) Chapelier【エルベ シャプリエ】
耐久性の高いコーテッドキャンバスを使用した、人気の舟型トート。トリミングとハンドルは丈夫なコットン。飽きのこない完成美に加え、色展開の豊富さにも心躍る。
「725GPL」バッグ(29×49×24)¥84,000/エルベシャプリエ代官山(エルベシャプリエ)

撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE /モデル) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/佐々木貞江 スタイリスト/徳原文子 モデル/Emi Renata 取材・文/東原妙子
※バッグのサイズ表記は(縦×横×マチ)で、単位はcmです。

最終更新:5/10(金) 15:09
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事