ここから本文です

「2020年を新憲法施行の年にしたい気持ちに変わりはない」新元号を強調、安倍首相の思惑とは

5/9(木) 6:00配信

文春オンライン

 5月1日に元号が「平成」から「令和」に変わり、日本じゅうが祝賀ムードで溢れたが、同時に安倍晋三首相をはじめとする政権幹部からは、5月3日の憲法記念日ともあわせて大量の改憲メッセージが発せられた。新元号にあわせて一気に憲法改正を進めようとしているのだろうか? また、何を語って、何を語っていないのだろうか? その思惑を数々の言葉から探ってみた。

【画像】この記事の写真を見る

安倍晋三 首相
「2020年を新憲法施行の年にしたい気持ちに変わりはない」
産経新聞 5月3日

 安倍晋三首相は5月3日に開催された「第21回公開憲法フォーラム」にビデオメッセージを寄せ、あらためて憲法改正に対する決意を示した。このイベントは「美しい日本の憲法をつくる国民の会」によるもので、同会の共同代表には日本会議名誉会長の三好達氏らが名を連ねる。

 ビデオメッセージの中で安倍首相は「2020年」と憲法改正を行う期限を区切ってみせた。これは2年前に読売新聞で突然宣言した「2020年改正憲法施行」から変わっていない。憲法改正についての具体的な内容に関して触れられているのは「自衛隊明記」と「教育無償化」のみであり、自民党の改憲4項目にある「緊急事態条項」と「合区の解消」については触れていない。

元号と憲法は関係あるのか?

 その代わり強調されたのが新元号についてだ。安倍首相は「令和」に込めた願い(誰の願い?)について語った後、このように述べている。

「憲法は国の理想を語るものであり、次の時代への道しるべであります。令和元年という新たな時代のスタートラインに立って、私たちはどのような国づくりを進めていくのか、この国の未来像について真正面から議論を行うべきときに来ているのではないでしょうか」

 元号が変わって新たな時代が来たから憲法を変えよう、という論法である。同会の共同代表を務めるジャーナリストの櫻井よしこ氏は、YouTubeの「KAIKEN channel」で「令和改憲」というフレーズを打ち出している。安倍首相が「令和改憲」と口にする日も近いのではないだろうか。

安倍晋三 首相
「自民党は憲法改正の旗を掲げ続けています。結党以来の党是であるにもかかわらず、わが党の中にも改憲に反対する人がいたが、その余地はなくなった」
産経新聞 5月3日

 5月1日に安倍首相は産経新聞の単独インタビューを受け、憲法改正について語っている。記事の見出しでは日朝問題がメインだが、話題の順番は2番目であり、内容もほとんどがトランプ米大統領からの伝聞だった。

 憲法改正の内容については「自衛隊明記」のみ触れられて、ほかの3項目については触れられていない。ここで安倍首相が強調したのは、総裁選で勝利したことによって「党内の論争は終わった」ということ。もはや自民党内には改憲に反対する人がいる「余地」はなくなったということらしい。

1/3ページ

最終更新:5/9(木) 6:00
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事