ここから本文です

太川陽介&蛭子能収の“バス旅”復活!2年半ぶりの旅は「地図見て5分で酔いました」

5/9(木) 14:36配信

ザテレビジョン

テレビ東京系にて放送中の「太川蛭子の旅バラ」(毎週木曜夜6:55から、テレビ東京系)の記者会見行われ、太川陽介が登壇した。

【写真を見る】なぜかトランシーバー本体に耳を当て話そうとする蛭子能収

同番組では、5月16日(木)に「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が2年半ぶりに復活。太川と蛭子能収が台本なし、仕込みなしの“ガチンコ旅”を繰り広げる。

また、今回から“旅のルール”が変更に。路線バスがつながっていない区間は1万円までタクシーを利用することができる。

会見には蛭子も中継で参加するということで、会場のスクリーンに中継先の映像が。しかし映し出された蛭子はなんと他局の旅番組のロケ中。他局のロケの様子をテレビ東京の記者会見会場で映すという“前代未聞”の展開に会場では笑いが起きていた。

今回2年半ぶりに“バス旅”が復活するということで太川は「(バスの中で)地図を見て5分で酔いました」と意外な“ブランク”を打ち明ける。だが、「バスを見つける勘はさえていました」とさすがのコメント。

また、タクシーを使えるようにした理由について木村健作プロデューサーは、「タクシーを使うことによってルートのバリエーションが増える」と言いつつ、もう1つの“ある理由”について告白。それは「ちょっと(太川と蛭子の)体力が…」と控えめに話しはじめると、「僕は歩けるよ!」と太川がすかさず否定していた。

■ 太川陽介「蛭子さんの短所がだんだん長所に見えてきました」

その後、ロケ合間の蛭子と再び中継がつながる。しかし、会場の声がよく聞こえていなかったのか「もしもし~もしもし~もしもし~」と蛭子が何度も呼びかけ、太川に「電話じゃないんだよ!」とツッコまれていた。

ここから会場は“蛭子ワールド”に。「(復活前の)第1回のときの思い出は?」と太川が蛭子に尋ねると、「覚えてない…」と回答。「次に一緒に(“バス旅”に)行くのはいつになるのかな?」と蛭子が言い出したため、「そんなに行きたいんだ?」と太川に聞かれると、「そんなことはないですけどね(笑)」と答え、笑いを誘った。

さらに意気込みをお願いされ、「意気込みとかそんなのないよ~自然にやって自然に終わるだけ」と蛭子らしいコメント。

また、記者からの質疑応答となったが、なぜか蛭子は早く中継を終えたいらしく「じゃあもう(中継を)切ろうか~」と何度も口にしていた。

記者から2年半ぶりの復活について感想を聞かれた蛭子は、「うぇ~と思いましたね。またやるのか~と思って」と後ろ向きな感想。また、「太川の好きなところと、ちょっと嫌いなところはどこか」という質問には「男と女じゃないんだし、好きなところは別にないよ~」と言い、嫌いなところについては「言ったら干されそうだもん!」と回答するのを嫌がり、会場を笑わせた。

一方太川は、「蛭子さんの短所がだんだん長所に見えてきましたから、そういう意味では今は何でも許せちゃう」と話し、名コンビっぷりを発揮していた。

(ザテレビジョン)

最終更新:5/9(木) 14:36
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事