ここから本文です

サッカー界に激震! “大物代理人”が3ヶ月の活動停止処分。ポグバやデ・リフト等に影響か

5/9(木) 8:21配信

フットボールチャンネル

 サッカー市場に大きな影響を与えるかもしれない。マンチェスター・ユナイテッドのポール・ポグバなど、多くのスター選手の代理人を務めるミノ・ライオラ氏が、イタリアサッカー連盟から3ヶ月の活動停止処分を受けた。8日に伊紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。

 同紙によると、イタリアサッカー連盟が突如、ライオラ氏の活動停止を言い渡したという。しかし、今回の処分に関しての理由を明らかにしていないとのこと。ライオラ氏の弁護士は一時停止を求めているようだ。

 ライオラ氏はポグバ、マリオ・バロテッリ、マタイス・デ・リフト、ヘンリク・ムヒタリアン、マルコ・ヴェッラッティ、イルビング・ロサーノ、ズラタン・イブラヒモビッチ、ジャンルイジ・ドンナルンマなど数多くの選手の代理人を務め、移籍市場で必ずと言っていいほど名前を聞くことがあるほどの“大物代理人”だ。

 今回の活動停止処分は、5月9日から8月9日まで同氏を介しての移籍が出来ないことを意味する。ポグバやデ・リフトなど、多くの選手の代理人を務めているだけに、移籍市場に大きな影響を与えることは間違いなさそうだ。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:5/9(木) 8:35
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事