ここから本文です

ヴィクトリアマイルの穴馬は3頭。 お宝馬券につながるヒントが解けた

5/9(木) 6:17配信

webスポルティーバ

「春の女王決定戦」となるGIヴィクトリアマイル(東京・芝1600m)が5月12日に行なわれる。

【写真】オークスで躍動するのは?

 再び波乱となった先週のGI NHKマイルCと同じく、このレースも「荒れるGI」のひとつと言っていいだろう。

 過去10年の結果を振り返ってみても、1番人気が3勝している一方で、11番人気のヴィルシーナ(2014年)、7番人気のストレイトガール(2016年)、6番人気のアドマイヤリード(2017年)、そして8番人気のジュールポレール(2018年)ら、伏兵が金星を挙げるシーンが頻繁に起こっている。

 さらに、馬券圏内(3着以内)ではふた桁人気の穴馬が何度も突っ込んできており、馬連や3連単でも高配当が続出している。なかでも凄まじかったのは、2015年。5番人気のストレイトガールが優勝し、2着に12番人気のケイアイエレガントが、3着に18番人気のミナレットが入って、馬連が3万6880円、3連単は2070万5810円という驚異的な高配当をつけた。

 この3連単の配当は、GIにおける史上最高記録。ヴィクトリアマイルは、まさしく"波乱を呼ぶ"牝馬の戦いと言える。

 となると、今回も積極的に穴狙いに徹したい。そこで、過去10年の結果を参考にして、今年のレースで波乱を演出しそうな激走馬を探し出してみたい。

 まず目につくのは、直前の重賞を制していながら低評価に甘んじた馬の台頭だ。

 2009年に11番人気で2着となったブラボーデイジー、2010年に11番人気で3着と健闘したニシノブルームーン、2015年に12番人気で2着となったケイアイエレガントらが、そのいい例だ。いずれも、前走で重賞を勝っていたが、そのレース自体のレベルが疑われたり、その勝利をフロック視されたり、はたまたその勝利からやや間隔があるのが嫌われたりして、上位人気になることはなかった。

 そして、今年も前走で重賞を勝っていながら、人気薄にとどまりそうな馬がいる。デンコウアンジュ(牝6歳)とフロンテアクイーン(牝6歳)だ。そのうち、ここではフロンテアクイーンを推したい。

1/3ページ

最終更新:5/9(木) 6:17
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事