ここから本文です

小室圭さんがこだわった“皇室御用達” 5万円の靴を履いて「予行演習」

5/9(木) 13:52配信 有料

デイリー新潮

小室圭さんと母・佳代さん

 大人の仲間入りを果たしたばかりの青年はこの時、いかなる野心を抱いてレンズを見据えていたのだろうか――。秋篠宮家の長女・眞子さま(26)との結婚が延期された小室圭さん(26)。窮地に立たされながらも、その姿勢には、ある“こだわり”が見え隠れするのだ。

 ***

 写真はしばしば「心を写す鏡」に喩えられる。6年前、すでに青年は未来の“青写真”を胸中に焼き付けていたのかもしれない――。2012年1月、前年秋に20歳に達していた小室さんが成人式を迎えた際のことである。

「佳代さんから『圭ちゃんの成人のお祝いに、帝国ホテルへ記念写真を撮りに行くから車を出してほしい』と言われました。1月8日の日曜日です。なぜそんな遠くまで、と思ったのですが、『(02年に亡くなった)主人が生前、その写真館をひいきにしていた』とのことでした。私はご主人と親しかったのですが、そんな話は聞いたことがない。今にしてみれば、佳代さんは見栄を張りたかっただけなのかも知れません」(「週刊新潮」 2018年4月26日号掲載。※データは全て当時のもの) 本文:2,729文字 写真:2枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込165

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

「週刊新潮」 2018年4月26日号

最終更新:5/9(木) 13:52
記事提供期間:2019/5/9(木)~2020/1/4(土)
デイリー新潮

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る