ここから本文です

上院で少数党の議事妨害に廃止の動き フィリバスターなき世界、党派対立はさらに深まるか

5/10(金) 18:00配信 有料

週刊東洋経済

最高裁判事となったゴーサッチ氏(右)。同氏の指名承認はフィリバスターの対象外となった(ロイター/アフロ)

<2019年5月18日号> 米国の議会で、多数党の権限を強める動きがある。狙いは「フィリバスター」と呼ばれる議事妨害の弱体化である。 本文:1,435文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

安井 明彦 :みずほ総合研究所 欧米調査部長

最終更新:5/10(金) 18:00
週刊東洋経済

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る