ここから本文です

「天才だ!」 小野伸二、豪州時代の“逆足ループ弾”に再脚光「ナイフの切れ味」

5/10(金) 10:50配信

Football ZONE web

WSWに加入した12-13シーズン、ファイナルシリーズ準決勝で伝説的な一撃を披露

 オーストラリア1部のAリーグはレギュラーシーズンを終え、シーズン総合優勝を決めるファイナルシリーズに突入。10日にパース・グローリー対アデレード・ユナイテッド、12日に元日本代表MF本田圭佑が所属するメルボルン・ビクトリー対シドニーFCの準決勝2試合が開催される。シーズンも佳境を迎えるなか、Aリーグ公式サイトは過去のファイナルシリーズのメモリアルシーンを5つ厳選。元日本代表MF小野伸二(北海道コンサドーレ札幌)がウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(WSW)時代に決めた華麗なループシュートに再びスポットライトを当てている。

【動画】「天才的」と称賛 元日本代表MF小野伸二の逆足チップキック弾

 フェイエノールト(オランダ)、ボーフム(ドイツ)と海外でプレーした小野は、2010年に清水エスパルスでJリーグ復帰を果たすと、2012年9月にWSWへ移籍し、再び海を渡った。加入初年度から24試合7得点を挙げてレギュラーシーズン1位の立役者となり、地元ファンの心をつかんだ。

 迎えたブリスベン・ロアーとのファイナルシリーズ準決勝、1-0で迎えた後半26分に小野が魅せる。ゴールキックをFWディノ・クレツィンガーがそらし、ペナルティーエリア手前で小野がボールをキープ。対峙したマーカーが一歩下がったのを見るや、利き足とは逆の左足で柔らかなチップキックシュートを繰り出すと、ボールは綺麗な放物線を描きながら、相手GKがまったく動けないまま、右サイドネットに突き刺さった。会場に駆け付けた約2万人のWSWサポーターは大熱狂、実況も「天才だ!」と叫びながらその模様を伝えた。

 Aリーグ公式サイトは「小野の天才的な準決勝のチップ」と称し、伝説的な一撃を絶賛している。

「日本のレジェンドであるシンジ・オノはすでにウェスタン・シドニー・ワンダラーズのファンにとってヒーローだ。2012-13シーズンに加入すると、リーグ戦では7ゴールを決めたが、シーズン8つ目のゴールは彼のベストだ。ブリスベン・ロアー戦で1-0とリードしていた場面では、ナイフの切れ味を披露した。オノは一流であることを証明する瞬間を生み出し、ワンダラーズの偉人としての功績を刻み込んだ」

 WSWは決勝でセントラル・コースト・マリナーズに敗れて優勝こそ逃したが、小野は今なおWSW、そしてAリーグでプレーした偉大な選手として語り継がれている。

Football ZONE web編集部

最終更新:5/10(金) 10:50
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ