ここから本文です

ヴィクトリアマイルはほぼ宝くじ。 穴党記者推し4頭で高額当選キター

5/10(金) 5:57配信

webスポルティーバ

古馬牝馬の「春の女王決定戦」となるGIヴィクトリアマイル(5月12日/東京・芝1600m)は、穴党の中でも"超穴党"向けのレースだ。

【写真】ヴィクトリアマイル、歴史からひも解く「穴馬」

 というのも、過去5年の勝ち馬はいずれも5番人気以下。単勝はすべて4桁配当となっているうえ、3連単も過去5年はすべて万馬券。2015年の2070万5810円という超高額配当を筆頭に、2017年の91万8700円、2014年の40万7940円と、高額配当が続出しているからだ。

 まるで"春のジャンボ宝くじ"といった感のあるヴィクトリアマイル。それだけに、生半可な穴狙いではなく、豪快な一発逆転ホームランをイメージした"大穴"馬券を狙ったほうがいいかもしれない。

 実際に今年も、GI馬が4頭も名を連ねて堅い決着に収まりそうに見えるが、「決してそんなことはない」と日刊スポーツの木南友輔記者は言う。

「なにしろ、ラッキーライラック(牝4歳)、アエロリット(牝5歳)、ソウルスターリング(牝5歳)、レッツゴードンキ(牝7歳)とGI馬が4頭いて、ミッキーチャーム(牝4歳)、カンタービレ(牝4歳)、プリモシーン(牝4歳)など、有力視されている"アーモンドアイ世代"がズラリ。人気しそうな馬の名前をざっと挙げただけで、すでに7頭ですからね。こうなると、人気順も読めないですし、印が回らない実力馬が必ず出てくるはず。かなりの混戦模様で、波乱ムードに満ちています」

 そうした状況のなか、デイリー馬三郎の吉田順一記者は、現在の東京の馬場状態と、ヴィクトリアマイルにおける時計の傾向について言及。それを踏まえて、今年のレース展開についてこう語る。

「2週連続で行なわれる東京マイルのGI戦。余程のことがない限り、3歳馬限定のNHKマイルCより、古馬牝馬によるヴィクトリアマイルのほうが時計は速くなります。そして、今年のNHKマイルCの勝ち時計は1分32秒4。過去10年のなかで4位タイと、それなりに速い決着となりました。

 例年の傾向どおりなら、今年のヴィクトリアマイルもこのタイムよりさらに速い決着となるはず。先週のような急な天候の崩れがなければ、好天によって路盤が硬化するのは目に見えていますから、なおさらです。また、今週から仮柵を設けたBコースを使用。先週とは一転して、高速馬場で、内と前が止まらない設定になる公算が高いでしょう」

 とすると、"内枠先行天国"の高速決着になるということか。そうした見立てから、吉田記者は先行力のあるベテラン牝馬の名前を最初に挙げた。

1/3ページ

最終更新:5/10(金) 5:57
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事