ここから本文です

大阪流の笑いが生む水栓金具 売れなくても作り続ける本当の理由

5/10(金) 6:00配信

日経クロストレンド

 「おもろい蛇口を作る」として話題の水栓金具メーカー、カクダイ。新製品の成果は意外なところにあった。社員の士気が上がり、社員の家族も水栓金具に関心を持ち始めた。そこからもアイデアが広がるなど、「お笑い」が好循環につながった。

 ユニークな発想とちょっとした工夫で新商品やサービスを開発し、成功している中堅中小のイノベーター企業を追う本連載。今回は大阪市で「おもろい蛇口を作っているメーカー」として話題を集める水栓金具メーカー、カクダイの後編。Da Reyaシリーズの企画・開発に取り組み始めたのは2011年で、発売の開始は12年から。すると社外の評判が良くなった他、社内にも好影響を与えた。

 初期の製品は多田修三副社長のアイデアを基にしたものが多かったものの、「もう私のネタが尽きた」ことから、社員から広くアイデアを募る形に移行した。採用されると、副社長から賞金も出るようにした。すると社員たちは熱心に考えるようになった。単に賞金目当てで動くわけではない。「業務改善とか生産性向上とか、経営上の課題を解決しようとコンサルティングの先生に見てもらって、『こうすればいいですよ』とアドバイスをもらって指示しても、実際に現場の人間はなかなか動かない。しかし、Da Reyaシリーズのように自分のアイデアを実現する機会があれば、喜んでいろんなことを考え、課題を解決しようと積極的に取り組むようになった」と多田副社長は言う。「要は、みんな作りたくてしょうがないんですよ」(多田副社長)。

 「このご時世だから、経営者としては残業を減らすように力を入れているのに、この仕事に関しては『残業代はいらないからやらせてくれ』という社員も多い。そういうわけにもいかんから困ったもの」と多田副社長は苦笑する。社員のモチベーションを向上させる効果は相当なものだ。

 社員同士の他、社員と家族の間にも「何かおもろい蛇口のアイデアはないか」という会話が生まれるようになった。それまで水栓金具に興味がなかった社員の家族や子供も、飲食店などで水栓金具を見ると「これ、お父ちゃんの会社のやろか」と仕事に対して理解をしてもらえるようになった。

 Da Reyaシリーズからは、次々とユニークな製品が登場している。例えば「魔法の水」は、昔懐かしいアルマイトのやかんの形をした水栓。やかんを傾けることで水が出る。19年開催の「ラグビーワールドカップ2019」を記念し、救護用のやかんをイメージしたという。蛇口を膨らませた製品は、「誰や! メタボにしたん?」というネーミングが強い印象を与える。「手裏剣蛇口」は手裏剣がそのまま蛇口になっており、どこから水が出るか分からない。忍者をイメージさせる製品のため、外国人観光客をターゲットにした店に好評だという。

●ヒットしたら赤字になる製品も

 これまでに発売した製品は60種類以上。現在も50種類以上をラインアップするDa Reyaシリーズだが、どれも「月に100個出るか出ないかというものばかり。それでも随分と売れるようになってきたほうで、当初は月に1個ぐらいしか売れなかった」(多田副社長)。しかも、一定の個数を販売した製品は生産をやめるという。

 「たくさん売れて、そこにもあそこにもあるという製品になってしまっては、意味がなくなってしまう。お笑いの人が毎回新しいネタに変えてくるように、『誰や! こんなん作ったん』という新鮮な驚きをと面白さを維持するためには、売れ過ぎたらやめることが必要」(多田副社長)。

 だが、「ここだけの話で内緒にしといてもらいたいんやけど(笑)、売れすぎたらやめる、というのは表向きの理由」と多田副社長は打ち明ける。「実は、製造が難しくコストがかかり過ぎて、売れてもまるっきりもうからない商品や、売れれば売れるほど赤字になる商品もある。そんな商品がヒットしてしまっては、ちょっと困ったことになる。そこで最もらしい理由をつけて、一定数を生産したら終了ということにしている」(多田副社長)と言う。

 売り上げにも利益にもほとんど貢献しないDa Reyaシリーズ。だが、知名度向上やイメージアップ、社内活性化、モチベーション向上、技術力向上など、短所を補って余りある効果を同社にもたらしている。

 建築関連の専門媒体である日経アーキテクチュア(日経BP社)が毎年実施している、1級建築士を対象にした「採用したい建材・設備メーカー」のアンケート調査の結果、「水回りの金物」部門でカクダイは09年9位、10年6位、11年7位と「Bクラス」が続いていた。しかしDa Reyaシリーズ発売後の13年には4位、14年には大手のTOTO、LIXILに次ぐ3位となり、18年も5位と最近は3位から5位の「Aクラス」をキープしている。今後もカクダイは新しい「お笑い」ネタを仕込みながら、新製品を開発し続けるに違いない。

笹田 克彦

最終更新:5/10(金) 6:00
日経クロストレンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

「新市場を創る人のデジタル戦略メディア」を編集コンセプトとして、市場創造、商品開発、マーケティング戦略などの先端動向を伝えるデジタル・メディアです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事