ここから本文です

岡江久美子が告白、「はなまる」終了後の生活と母の介護

5/11(土) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 50才を過ぎると10人に1人以上が親の介護問題に直面する。しかし、多くの人が何の心構えもないままの状態で介護が始まってしまうという現実がある。だからこそ“先輩”の経験談は重要だ。94才の母親を看取った彼女は、どんな介護生活を送って来たのだろうか。

【写真】母の介護について語る岡江久美子の全身姿

「母が亡くなったのは一昨年のことです。94才でした。家族としては『大往生』なんて言葉はあまり使いたくないんですけど、本当にその通りでしたね。すぐ近くの施設に預けさせてもらっていたので、そろそろという状態で電話がかかってきて、急いで駆けつけました。私が着いたら、もう、すぐに…。顔も穏やかで、温かかった」

 記者の問いかけに、岡江久美子(62才)はゆっくりと語り始めた。肌は白くてツヤツヤで、豊かな黒髪が光り、とても“オーバー60”には見えない。なんといっても目立つのは、明るく晴れやかな表情だ。

「岡江さんは今、趣味のゴルフを頻繁に楽しんだり、ドラマのオファーを積極的に受けたりと、私生活も仕事もとても充実しているようです。おそらく人生の大事なイベントをいろいろ終えたからでしょうね」(芸能関係者)

 2014年3月に薬丸裕英(53才)とのコンビで17年間にわたって続けてきた、朝の人気情報番組『はなまるマーケット』(TBS系)が終了。それからの5年あまりを、岡江はどんなふうに過ごしてきたのだろうか。

「『はなまる』の終了は、岡江さんからの降板希望が発端でした。番組としては“岡江さんと薬丸さんが揃っての『はなまる』だったので、片方が降板するなら続ける意味がない”ということで、そのまま終了することになった。当時、岡江さんは90才になるお母さまの介護を抱えていて、“もっと母の側にいてあげたい”というのが理由でした。お父さまはその10年ほど前に亡くなっていて、以来、岡江さんはひとり暮らしになったお母さまのお世話を続けていたそうです」(別の芸能関係者)

 岡江の知人は当時のことをこう話す。

1/3ページ

最終更新:5/11(土) 9:03
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ

あわせて読みたい