ここから本文です

元TBSアナ・宇垣美里が美しすぎるコスプレ披露 “下々の者を見下す“「魔女」演じきる

5/11(土) 13:50配信

KAI-YOU.net

元TBSアナウンサー・宇垣美里さんが、事前の発表でも「美しすぎる」と大反響を呼んでいたコスプレ姿を披露した。

【思わず笑顔に】宇垣美里さんの“黒の魔女”コスプレ

宇垣さんは、メイクアップブランド「KATE」(ケイト)のオリジナルキャラクターのコスプレイヤーとして、5月11日(土)・12日(日)に開催されている「Ultra acosta!@池袋サンシャインシティ」に登場。

もともとアニメや漫画好きで知られる宇垣さんだが、公式のコスプレイヤーとして公の場に登場するのはこれが初めてとなった。

カメラマンからは「下々の者を見下すイメージで」

カネボウ化粧品のメイクアップブランド「KATE」は、2018年末に開催された「コミックマーケット95」へ出展。もともとコスプレイヤーにも愛用されるブランドとしても認知されていたが、コミケの企業ブースの中でもひときわ異彩を放ち、大きな反響を集めていた。

今回KATEは会場のブースで、“メイクが大好きで、新しいメイクにトライしたい”という人に向けて開発された「STシリーズ」をはじめ、KATEの商品を使用したコスプレメイクカードを無料配布している。

宇垣美里さんはKATEのコスプレブースに、公式コスプレイヤーとして参加。

宇垣さんは、2018年には情報番組「サンデー・ジャポン」の企画で「コミックマーケット94」に参加して『魔法少女まどか☆マギカ』鹿目まどかのコスプレを披露した。

その後番組内で『美少女戦士セーラームーン』のコスプレも。ただ、ここまで本格的なコスプレは今回が初めてだったそう。

自身がコスプレした、KATEオリジナルキャラクター・オプシディアンは“黒の魔女”。世界観のしっかりしたキャラで、キービジュアルの撮影時にはカメラマンから「下々の者を見下すイメージで」と言われ、「下々の者!?」と戸惑いながらも、クールに演じきったという。

「次は人間じゃないコスプレをやってみたい」

当日もなるべく微笑まないように意識していたというが、報道陣に囲まれて撮影されているうちに笑顔がこぼれていた。

シックなトーンながらも差し色が鮮やかなコスプレ・メイクについては「めちゃくちゃアガりました!」と大喜び。「だって、普段こんな花をつけることないですから」と、自身の衣装にも大満足。

メイクのポイントは、赤と青の鮮やかなアイカラー。また、黒のマニキュアも初めてだったというが、それも気に入っている様子だ。

「今後どんなコスプレをしてみたいか?」という報道陣からの質問には、「魔法少女、セーラームーン、魔女ときて、次は人間じゃない何かをやってみたいです」と答えた。

実際に宇垣さんがKATEブースに立って、参加しているコスプレイヤーさんにコスプレメイクのハウツーなどが掲載されているコスプレメイクカードを配布していた。

また、3月末にTBSを退社してフリーアナウンサーに転向したばかりの宇垣さんは「毎日行く場所が違って新鮮です。それに、会社員だったらこんな格好できなかったですね(笑)」と新生活を楽しんでいるようだ。

新見直

最終更新:5/11(土) 13:50
KAI-YOU.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事