ここから本文です

コウモリタイプの奇妙な新種恐竜を発見、翼の証拠ばっちり

5/11(土) 9:07配信

ナショナル ジオグラフィック日本版

1億6300万年前、飛行能力の進化の多様性示す、中国

 およそ1億6300万年前、現在の中国の森に、実に奇妙な捕食者が住んでいた。コウモリのような膜状の翼を持つ小さな恐竜で、木から木へと滑空していたと考えられる。そんな新種の恐竜の化石が新たに見つかり、5月8日付けで学術誌「ネイチャー」に発表された。

【動画】古代の森を飛ぶ“コウモリ恐竜”アンボプテリクス

 大きな膜状の翼をもつ恐竜の化石としては2例目となる。名前はAmbopteryx longibrachium。種のひとつ上の属のレベルでも新しく、ラテン語で「両翼」という意味のアンボプテリクスという属名がつけられた。

「私が最も興奮したのは、恐竜はさまざまに進化して飛べるようになった、つまり、いろいろな方法で飛行能力を身につけたことをこの化石が示している点です」と、論文の筆頭著者である中国科学院古脊椎動物学・古人類学研究所(IVPP)の王敏氏は話す。

 アンボプテリクスは、非鳥類型恐竜のうちの奇妙なグループであるスカンソリオプテリクス類に属する。スカンソリオプテリクス類には、最初に発見されたコウモリのような翼を持つ恐竜のイー・チーが含まれる。イー・チーは、今回の論文の共著者で、IVPPの副所長を務める徐星氏が2015年に発表した。恐竜の飛行能力の進化について、見直しを迫る化石だった。

「イー・チーが発見される前は、空飛ぶ恐竜のすべてを、鳥に進化した1つの系統に当てはめようとしていました」と論文の共著者で、古代鳥類が専門であるIVPPの古生物学者ジンマイ・オコナー氏は話す。「イー・チーの発見により、この従来の説は本当に粉々になりました」

 今では、恐竜が飛べるようになる進化は、スカンソリオプテリクス類も含め、少なくとも4回別々に起きたと考える研究者もいる。とはいえイー・チーに関しては、長い間、懐疑的な見方がされていた。それももっともな話だった。イー・チーの「手首」には、「尖筆状突起(stylifor element)」と呼ばれる奇妙な棒状の骨がある。これが皮の張った大きな翼である飛膜を支えるとされたのだが、しかし、そのような骨を持つ生きものは古来、イー・チー以外に見つかっていなかったのだ。

 ところが、アンボプテリクスの化石からは、尖筆状突起だけでなく、なんと翼の上に茶色がかったフィルムまで見つかった。飛膜の痕跡だと考えられる。さらに、アンボプテリクスには、化石化した羽毛の他に、尾椎の一部が癒合した尾端骨があった。これは、現生鳥類に見られ、この骨のおかげで鳥は尾羽をまとめて動かせる。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事