ここから本文です

腸内微生物の移植が、自閉症スペクトラムの症状を軽減する:研究結果

5/11(土) 15:10配信

WIRED.jp

腸内微生物の移植を施された自閉症スペクトラムの患者を2年かけて追跡調査した結果、患者に特徴的な「社会的ふるまい」に45パーセントもの改善がみられたとの研究結果が発表された。この研究は、腸内微生物移植が自閉症スペクトラムの長期的な治療において効果的である可能性を示唆している。

腸に棲む微生物と脳へのシグナルとの関係とは?

「はらわた(腸)が煮えくり返る」「断腸の思い」など、脳が処理する感情を表すことわざに「腸」が使われる例は多くある。近年の腸内フローラの研究を見るに、それもあながち間違いではないかもしれない。

われわれの腸と脳には、これまで考えられてきたよりもずっと密接なかかわりがあるようだ。2015年に実施されたマウスによる実験では、腸内微生物の移植が社会的な行動や性格に変化をもたらす可能性が示唆されていた[日本語版記事]。これが人間にも作用すると思われる例が報告されたのだ。

このほどオンラインジャーナル「Scientific Reports」で発表された論文によると、腸内微生物の移植を施された自閉症スペクトラム(ASD)の患者を2年かけて追跡調査した結果、消化器系の問題に改善がみられたほか、患者に特徴的な「社会的ふるまい」にも45パーセントも改善がみられたという。注目すべきは、自閉症の症状は治療後もゆっくりと改善し、長く続いたことだ。この研究は、腸内微生物移植が自閉症スペクトラムの長期的な治療において効果的である可能性を示唆している。

腸に棲む微生物と脳へのシグナルとの関係

自閉症スペクトラムの子どもたちの多くには、慢性的な腹痛、消化不良、下痢、便秘など、消化器系の問題があることが知られている。毎日のように続く不快感や痛みは、さらなる過敏症を引き起こし、注意力や学習能力、または行動に悪影響を及ぼしている可能性がある。

「わたしたちの腸に棲む微生物と、脳へと伝達されるシグナルには、非常に強い関係があるようです」と説明するのは、アリゾナ州立大学の環境バイオテクノロジー・バイオデザイン・スウェット・センターのローザ・クライマルニック=ブラウン教授だ。「わたしたちの研究などでは、慢性的な消化器疾患をもつASDの子どもたちは、より重いASD関連の症状をもつことがわかっています」

いまのところASDの症状に対する治療には、認知行動療法、言語療法、食事療法などがある。だが、社会的コミュニケーションや反復行動といったASDの中核症状に対する治療法は、確立されていないという。

クライマルニック=ブラウンは、抗生物質のバンコマイシンと腸内微生物移植を施されたASDの子どもたちが、消化器疾患だけではなく、日常のふるまいにおいても改善がみられたという過去の研究からヒントを得て、腸内フローラが及ぼす脳への影響に着目した。「お腹の調子がよくなることで子どもたちから不快感を取り除ければ、生活の質が上がるかもしれないですからね」と、彼女は言う。

1/2ページ

最終更新:5/11(土) 15:10
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.32』

コンデナスト・ジャパン

2019年3月14日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.32「DIGITAL WELL-BEING」特集|デジタル時代のウェルビーイングの可能性を問う一冊

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事